追証なしのゼロカット制度とは? ゼロカットについて図解で紹介

海外FX教授
海外FX教授

ここでは海外FXの特徴の一つでもある「追証なしのゼロカット制度」について解説して行くよ。

ゼロカットだから出来る海外FXの取引ワザもあるんだよ。

「海外FXはハイレバレッジだから危険!」だと思っている人も多いですが、海外FXは「追証なしのゼロカット制度」を導入しているので、リスクが非常に少なく取引することが出来ます。

海外FXは追証が無いので、FXで借金をする心配がありません。

ここでは追証なしのゼロカット制度について紹介して行きます。

また、ゼロカットだから出来る「取引ワザ」についても紹介します。

 

登録するだけで3,000円分のボーナスゲット!
  1. 日本のロスカット制度の危険性
    1. 追証が発生するタイミング
    2. 日本では追証がこれだけ発生している
    3. 追証請求は数千万円になることも
    4. 追証を請求する権利は法律で認められている
  2. 追証なしのゼロカットシステムとは?(ゼロカットの仕組み)
    1. ゼロカットは海外FXのハイレバと相性抜群
  3. 国内FX業者がゼロカットを導入しない理由
  4. 海外FX業者がゼロカットを導入する理由はなぜ?
    1. ゼロカットを導入するのは「安心して積極的なトレードをしたほしい」から
    2. 追証請求しないのは、世界中の顧客相手に裁判できないという意見も
    3. 追証請求しないのは、DD方式(呑み業者)じゃないのか?という意見
  5. 海外FX業者の追証・ゼロカット制度の導入一覧比較
  6. ゼロカットになるタイミング(同一口座のポジション・別口座のポジション)
    1. XM ゼロカットのタイミング
    2. アキシオリー ゼロカットのタイミング
    3. タイタンFX ゼロカットのタイミング
    4. FBS ゼロカットのタイミング
    5. ホットフォレックス ゼロカットのタイミング
    6. トレードビュー ゼロカットのタイミング
    7. ランドFX ゼロカットのタイミング
    8. アイフォレックス ゼロカットのタイミング
  7. その他ゼロカットでよくある質問・注意点
    1. ゼロカットの流れ(ボーナスは無くなるのか?)
    2. 別口座のポジションは決済されるのか?
    3. ゼロカットに回数制限はあるのか?
    4. ゼロカットの条件
    5. ゼロカットの設定
    6. ゼロカットのデメリット
  8. 追証が大量発生すると、FX業者の経営破綻の危機!?
  9. 追証なしのゼロカットだから出来る取引の裏ワザ
    1. ゼロカットを利用した両建てとは?
  10. まとめ

日本のロスカット制度の危険性

日本でもトレーダーを守る制度として「一定額を下回ると強制的に決済され、トレーダーを保護するための制度:ロスカット」を導入しています。

通常だとロスカットで守られますが、ロスカットが適用されないタイミングが発生すると、マイナス残高になってしまい、追加資金が必要な「追証」が発生してしまいます。

追証が発生すると追加資金が必要になってしまい、その額が大きいと最悪「借金」することもあり、非常に危険です。

 

追証が発生するタイミング

通常だとあまり追証は発生しませんが、以下のタイミングだと追証が発生する可能性があります。

  • 週末で取引所が閉まっている間の値下がり
  • 相場の急激な変動で決済機能が麻痺する時

この2つのタイミングの時に急な値下がりがあると、ロスカットされずに証拠金がマイナスになってしまいます。

マイナス残高になると「追証請求」があり、追加入金が必要になってしまいます。

 

週末で取引所が閉まっているとき

FXは土日の取引が出来ないため、翌週にポジションを持ち越すと、月曜日に「マイナス残高になっていた!」という可能性もあります。

取引所がやっていない時はロスカットは適用されないので、リスクを考えると「金曜日中には決済する」のがロスカットのリスクを抑える方法です。

 

相場の急激な変動で決済機能が麻痺する時

相場の急激な変動が起こると、多くの注文が一気に殺到するため、サーバーが止まってしまい、決済出来なくなる可能性があります。

  • リーマンショック(2008年)
  • 東日本大震災(2011年)
  • スイスフランショック(2015年)
  • ギリシャショック(2015年)

これらの世界的に大きなニュースがあると、一瞬で500pips・1,000pipsが飛んでしまいます。

時間が経ってサーバーが復活した頃には、借金レベルの大きな損失となってしまった・・・ということも多いです。

このような世界的なニュースは誰も予想できないため、多くの人が借金を抱えてしまっています。

 

日本では追証がこれだけ発生している

金融先物取引業協会より

金融先物取引業協会のHPでは「ロスカットの未収金」の状況が掲載されています。

過去1年で324件のロスカットの未収金(未払い)があり、3,897万円が回収できていません。

日本の25倍のレバレッジでもこれだけの件数の追証未払いがあるので、国内FXは非常にリスクがあると言えるでしょう。

 

追証請求は数千万円になることも

2018年8月に起きたトルコリラの暴落でも追証被害の報告がたくさんツイートされています。

追証額が少額であれば良いですが、2,000万円以上の人も・・・。

レバレッジが高いほど追証になる可能性も高くなります。

追証で一生分の借金になる人もいるので、追証は本当に怖いです。

 

追証を請求する権利は法律で認められている

追証が発生すると「マイナス残高を解消するために入金してください」と追証請求のメールが来ます。

追証請求の通知を放置しているとFX業者から督促状が届き、さらに放置していると最悪、裁判を起こされることになります。

追証を請求する権利は法律で認められているため、必ず「追加入金」が必要になります。

追証の多くは期日までの一括返済のため、資金が足りなければ融資を受けるなりしてでも払わないと行けません。

追証で数千万円ほ借金を背負ってしまうと、一生、借金の返済に追われることもあります。

「ロスカット出来なかったFX業者が悪いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そんな言い訳が通用しないのが国内FXです。

 

追証なしのゼロカットシステムとは?(ゼロカットの仕組み)

ゼロカット制度とは?
海外FXでは急な値下がりなどでマイナス残高になっても「FX業者がマイナスを肩代わりしてくれる」制度です。

マイナス残高になっても、それを0(ゼロ)にしてくれるので、追証になることがなく、借金になることもありません。

海外FXではほとんど全ての業者が「追証無しのゼロカットシステム」を採用しています。

国内FXのように追証になれば、利益どころか借金となってしまいますが、海外ではFX業者が損失をカバーしてくれます。

上で紹介した追証の恐怖を考えると、ゼロカットの仕組みは天使のような存在です。

 

ゼロカットは海外FXのハイレバと相性抜群

レバレッジの高い海外FXはゼロカットとの相性が非常に良いです。

高いリスクでハイレバ取引をしても、万が一の場合でも追証請求が来ることがなくゼロカット(マイナス残高の解消)となります。

高いリスクの海外FXだからこそ、非常に嬉しいゼロカットシステムです。

 

国内FX業者がゼロカットを導入しない理由

国内FX業者はゼロカットを導入していませんが、法律により補填する行為が禁止されています。

金融商品取引法 第三十九条 より抜粋

金融商品取引業者等は、次に掲げる行為をしてはならない。

三 有価証券売買取引等につき、当該有価証券等について生じた顧客の損失の全部若しくは一部を補塡し、又はこれらについて生じた顧客の利益に追加するため、当該顧客又は第三者に対し、財産上の利益を提供し、又は第三者に提供させる行為。

金融商品取引法

「ゼロカット」という一部の顧客に利益を与える行為が良くないようで、利益も損失もトレーダーを平等に与えるのが国内FXのやり方です。

追証請求は国内FX業者を倒産から守るための法律に守られた行為で、国内では追証請求は無くならず、ゼロカットも今後、発生することは無いでしょう。

「国内FXは呑み業者だから、実際は損失なんて無いんじゃないの?」という疑問もあるかと思いますが、法律で守られている以上、どうしようもありません。

 

海外FX業者がゼロカットを導入する理由はなぜ?

国内FXとは逆で、海外(特にヨーロッパのキプロス)では損失補填を義務付けるというルールの運用が始まっています。

ゼロカットという仕組みは顧客にとっては嬉しい仕組みですが、FX業者はマイナス残高を負担しなくては行けないので、かなりの負担になります。

なぜ海外FX業者がゼロカット制度を導入するかと言うと、「ゼロカットの負担以上のメリットがあるから」です。

追証の心配があると、顧客は積極的に取引してくれません。

 

ゼロカットを導入するのは「安心して積極的なトレードをしたほしい」から

ゼロカットの安心感を与え、積極的なトレードをしてもらうことによって、取引手数料をより多くもらいたいのです。

海外FXはレバレッジ率が高く、追証のリスクは高まるので、海外FX業者はゼロカット制度を導入することによって、安心感を与えています。

こういった理由で海外FX業者はゼロカットを導入しています。

 

追証請求しないのは、世界中の顧客相手に裁判できないという意見も

海外FX業者の多くがゼロカットシステムを採用する理由のもう一つとして、世界中のトレーダー相手に裁判を起こせない。という意見もあります。

それぞれの国では違った法律があるため、追証請求できる国やできない国もあります。

中には法律が確立してなく、裁判が長引くことも考えられます。

日本のように、追証請求が法律で決められている国での資金の回収は楽でしょうが、そうでない国での裁判の労力を考えてゼロカットにすることもあるでしょう。

 

追証請求しないのは、DD方式(呑み業者)じゃないのか?という意見

「追証請求しないのは、DD方式(呑み業者)だからじゃないのか?」という意見もあり、一部の海外FX業者ではNDD方式と言いつつ、DD方式を取っている業者もあるようです。

多くのFX業者はNDD方式をアピールするためにLP(リクイディティープロバイダー)を公開したり、cTraderで板情報を公開したりしています。

もし「怪しいな?」と思ったら、LPを公開してもらうようにメールしてみると良いでしょう。

呑み業者でもそうで無くても、海外FX業者は追証無しのゼロカットです

 

海外FX業者の追証・ゼロカット制度の導入一覧比較

海外FXではほとんどの業者がゼロカット制度を導入しています。

まずほとんど全ての業者がゼロカットです。

FX業者ゼロカットの有無ゼロカットのタイミング
XMゼロカット・追証無し次回入金時にリセット
アキシオリーゼロカット・追証無し24時間以内に自動リセット
タイタンFXゼロカット・追証無しマイナス残高のスクショを指定アドレスに送付する
FBSゼロカット・追証無し1秒~3秒で自動的にリセット
ホットフォレックスゼロカット・追証無し次回入金時にリセット
トレードビューゼロカット・追証無し次回入金時にリセット
ランドFXゼロカット・追証無し(審査あり)メールでリカバリー申請をする
アイフォレックスゼロカット・追証無し自動的にリセット
FxProゼロカット・追証無し

あまり名前の知らないFX業者の場合は念のため「ゼロカットかどうか」を確認しておくと良いでしょう。

 

ゼロカットになるタイミング(同一口座のポジション・別口座のポジション)

ゼロカットになるタイミングは、FX業者によって異なります。

各業者に以下の問い合わせて確認しましたので、参考にしてください。

  • ゼロカットになるタイミング
  • ゼロカットになった時、同一口座に別通貨のポジションを持っている場合
  • ゼロカットになった時、別口座に別通貨のポジションを持っている場合

 

XM ゼロカットのタイミング

【XMのゼロカットに対しての回答】

現在のマイナス残高に対する運用ですが、通常はお客様が同口座へ次回ご入金頂く際に、マイナス残高の修正が自動的に行われます。

修正方法は、クレジットが残っていればそこから先ずは損失分を相殺し、それでもマイナスとなっている場合には「ゼロ」へ修正後、
お客様のご入金を反映させて頂きます。

タイミングマイナス残高後、入金する際にマイナス残高がリセットされる
同一口座ロスカットされる
別口座別口座に影響なし

XMのゼロカットは、次に入金するタイミングで「マイナス残高が自動的にリセットされた後に」入金されます。

同一口座で別通貨を持っていた時は、証拠金が足らなくなったタイミングでロスカットになりますが、別口座には影響がないので、ロスカットになることもありません。

 

XMのゼロカット(ホームページより)

Q:入金額以上の損失を被る可能性はありますか?

A:いいえ、お客様が入金された金額以上を失うことはありません。特定の通貨ペアでスリッページが発生し口座残高がマイナスになりました場合には、新たにご入金頂き次第、マイナスが自動的に解消されます

XMの詳細を見る

 

アキシオリー ゼロカットのタイミング

【アキシオリーのゼロカットに対しての回答】

・ゼロカットになるタイミング

残高がマイナスの口座につきまして、営業日24時間以内にゼロカットを施行させて頂いております。

・ゼロカットになった時、同じ口座で別通貨のポジションを持っている場合

口座残高がマイナスの状態になりましたら、同一口座のポジションにつきましてロスカットとなります。

・ゼロカットになった時、別口座でポジションを持っている場合

ゼロカットは各口座ごとに施行させて頂きますので、別口座への影響はございません。

タイミングマイナス残高後、24時間以内にマイナス残高がリセットされる
同一口座ロスカットされる
別口座別口座に影響なし

アキシオリーのゼロカットは24時間以内に自動的になります。

ゼロカットになるまで入金しないように注意しましょう。

ゼロカットになった時、同一口座のポジションは全てロスカットになりますが、別口座は影響なくポジションを保ったままで大丈夫です。

 

アキシオリーのゼロカット(ホームページより)

・ゼロカット保証(追証の発生無し)

NDDのお取引においては、市場の流動性が想像以上に高まり、注文が集中するタイミングでポジションクローズ注文が成約しない場合がございます。

当社では、市場の注文の集中などのイレギュラーな状況において、設定したポジションがクローズできず、証拠金がマイナスになった場合、証拠金を超える損失を請求しないゼロカット保証を実施しています

証拠金のマイナスは、24時間以内に解消され、お客様の残高は”0″に戻ります。

アキシオリーの詳細を見る

 

タイタンFX ゼロカットのタイミング

【タイタンFXのゼロカットに対しての回答】

・ゼロカットになるタイミング

ゼロカットについてですが、弊社では平日ロールオーバー後、担当チームにて口座を確認後、処理を行っております。

ゼロカット処理前に取引を行われたい場合は、マイナス残高時のMT4スクリーンショットをaccounts@titanfx.comへご送付いただいた上で、ご入金・お取引をいただければ、スクリーンショットに記載の内容を精査し、ゼロカット処理を行います。

スクリーンショットの送付無しに入金をされると、マイナス残高のリセットを行うことができませんので、ご注意ください。

・ゼロカットになった時、同じ口座で別通貨のポジションを持っている場合・別口座でポジションを持っている場合

弊社のゼロカット制度の条件としましては、ユーザー単位での対象となり、お持ちの他の口座にプラス残高がある場合、他の口座に保有ポジションがある場合は、対象となりませんことをご了承くださいませ。

タイミングマイナス残高のスクリーンショットを指定アドレスに送付する必要がある
同一口座決済しないとゼロカット対応してもらえない
別口座決済しないとゼロカット対応してもらえない

タイタンFXのゼロカットは、マイナス残高のスクリーンショットを指定アドレスに送る必要があります。

タイタンFXのゼロカットは口座単位では無く、ユーザー単位となるため、別口座のポジションも全て決済しないとゼロカット対応してもらえません。

 

タイタンFXのゼロカット(ホームページより)

・追証請求なし(ゼロカットシステム)

従来のFX取引テクノロジーでは実現できなかった、より速く確実なZero Pointテクノロジーの導入により、相場が逆方向に大きく値動きした場合でも、自動ロスカットにより口座残高がマイナスになることを防ぎます。

万一、口座残高がマイナスになった場合でも、追証・追加入金の必要はありません。Titan FXでは、マイナス残高をゼロリセット対応致します。

タイタンFXの詳細を見る

 

FBS ゼロカットのタイミング

【FBSのゼロカットに対しての回答】

・ゼロカットになるタイミング

1-3秒ほどで自動的にマイナス残高が0に戻るようになっております。

・ゼロカットになった時、同じ口座で別通貨のポジションを持っている場合

全ポジションは(プラスであろうとマイナスであろうと)証拠金レベルが20%に達した場合にはクローズされ始めます。

最初に最も損失がでている注文ポジションが閉じられはじめます。

・ゼロカットになった時、別口座でポジションを持っている場合

2つの異なる取引口座が存在する場合には、取引に使用される残高においてお互いに繋がっていないため、一つの口座がマイナスバランスになったとしても、他の口座に影響はありません。

タイミング1秒~3秒で自動的にゼロカットになる
同一口座ロスカットされる
別口座別口座に影響なし

FBSの詳細を見る

 

ホットフォレックス ゼロカットのタイミング

【ホットフォレックスのゼロカットに対しての回答】

・ゼロカットになるタイミング

マイナス残高になってしまった場合は、取引決済後24時間以内に関連部署より手動で口座残高調整が行われ、残高がゼロになります。

・ゼロカットになった時、同じ口座で別通貨のポジションを持っている場合

通常、口座にある証拠金の合計を見ますので、通貨Aが急落してマイナス取引となってしまっても、通貨Bに利益が出ていて通貨Aのマイナス分を補えるのであれば、強制決済とはなりません。

・ゼロカットになった時、別口座でポジションを持っている場合

口座Aがマイナス残高になりロスカットされても、口座Bに利益が引き続き出ているのであれば、ロスカットとはなりません。

タイミングマイナス残高後、24時間以内にマイナス残高がリセットされる
同一口座ロスカットされる
別口座別口座に影響なし

ホットフォレックスのゼロカットは24時間以内に自動的にマイナス残高をリセットしてくれます。

マイナス残高が発生すれば、同じ口座内の通貨は全てロスカットされ、別口座には特に影響しません。

ホットフォレックスの詳細を見る

 

トレードビュー ゼロカットのタイミング

・ゼロカットになるタイミング

追加入金された際にゼロカットとなります。

・ゼロカットになった時、同じ口座で別通貨のポジションを持っている場合

証拠金不足の場合必然的にそうなります。

・ゼロカットになった時、別口座でポジションを持っている場合

基本的に問題ございませんが、別口座で週末ポジションを両建てをするなど週明けの窓あきを狙ったような場合はまずお客様にご連絡を差し上げます。

タイミングマイナス残高後、入金する際にマイナス残高がリセットされる
同一口座ロスカットされる
別口座別口座に影響なし

トレードビューのゼロカットは、次に入金するタイミングで「マイナス残高が自動的にリセットされた後に」入金されます。

同一口座で別通貨を持っていた時は、証拠金が足らなくなったタイミングでロスカットになりますが、別口座には影響がないので、ロスカットになることもありません。

トレードビューの詳細を見る

 

ランドFX ゼロカットのタイミング

【ランドFXのゼロカットに対しての回答】

・ゼロカットになるタイミング

LPボーナス口座は、基本的に付与されたボーナスで自動的にマイナスリカバリーが行われております。

スタンダード口座もしくはLPボーナス口座でも付与されたボーナスが足りない場合は、自動リカバリーが起こりませんので残高がマイナスになった際にメールで該当口座番号とマイナス金額をお知らせいただきリカバリー申請を行ってください。

口座がマイナスの状態で追加入金をされますと、マイナス分がご入金金額より相殺されますので必ず追加入金前にご連絡頂きますようお願いいたします。

・ゼロカットになった時、同じ口座で別通貨のポジションを持っている場合

マイナスリカバリー申請(ゼロカット)はポジションを清算した後にマイナスが確定した時点でご連絡いただいております。

・ゼロカットになった時、別口座でポジションを持っている場合

マイナスリカバリーは一つの口座に対して行われるものですので同一名義での別口座に関しては関係なくお取引をしていただけます。

タイミングマイナス残高になった時にメールでリカバリー申請をする
同一口座決済しないとゼロカット対応してもらえない
別口座別口座に影響なし

ランドFXのゼロカットは自動的に行われないので、リカバリー申請を行なう必要があります。

同一口座の別ポジションは決済しないとゼロカットしてもらえませんが、別口座のポジションには影響はありません。

 

ランドFXのゼロカット(ホームページより)

・追証に関して

基本的にはマイナス残高はお客様が負担するものとし、サービスの一環で審査の上、Land-FXで負担させて頂きます

ゼロカット申請は入金前にMT4アカウント番号、マイナス金額を記入し、一般サポート(日本サポート)に申請してください。

※リスク管理がされていないと判断する場合、追証させて頂くこともございます。

また複数口座をご利用の場合には別口座の残高から相殺させて頂くことがございます。

ランドFXは審査が入るので、ゼロカットの時には注意が必要です。

ランドFXの詳細を見る

 

アイフォレックス ゼロカットのタイミング

【アイフォレックスのゼロカットに対しての回答】

・ゼロカットになるタイミング

自動的でゼロカットになります。

iFOREXはお客様の口座の証拠金レベルがゼロ(例:「約定金額カバー率」=ゼロ)になった時点ですべてのポジションを自動決済します。

・ゼロカットになった時、同じ口座で別通貨のポジションを持っている場合

ゼロカットになった時、すべてのポジションを自動的に決済します。

アイフォレックスは口座が1種類となります

タイミング自動的にゼロカット処理となる
同一口座全てのポジションを自動的にロスカット
別口座アイフォレックスは1口座のみ

アイフォレックスはゼロカットになった時点で自動的にマイナス残高がゼロになります。

ゼロカットになると同じ口座内のポジションは全てロスカットとなります。

アイフォレックスの詳細を見る

 

その他ゼロカットでよくある質問・注意点

ゼロカットの流れ(ボーナスは無くなるのか?)

マイナス残高が発生した場合、ゼロカットになる前にボーナスをマイナスへの補填に使われるため、ボーナスが無くなります。

  1. マイナス残高が発生
  2. ボーナスでマイナスを補填
  3. 同じ口座で持っているポジションが強制ロスカット
  4. それでもマイナスになった場合はゼロカット

こういった流れでゼロカットが行われます。

ゼロカットのタイミングは各業者の対応は違うので、確認しておきましょう。

上の方で紹介しています

 

別口座のポジションは決済されるのか?

基本的には口座単位でゼロカットになるため、別口座のポジションは強制決済されることはありません。

ただ、タイタンFXは「ユーザー単位」で見られるため、別口座のポジションも強制決済され、マイナス残高の補填に使われます。

 

ゼロカットに回数制限はあるのか?

ゼロカットに回数制限はありません。

ゼロカットになることはあまり無いと思いますが、制限無くゼロカットが適用されます。

 

ゼロカットの条件

ゼロカットは基本的に無条件でマイナス残高のリセットが行なわれます。

しかし、リカバリー申請が必要なランドFXは、「何か不正行為等を行っている場合はゼロカットにならない可能性もある」ので注意が必要です。

 

ゼロカットの設定

ゼロカットは各業者とも設定が必要ありません。

マイナス残高が発生した時に、上にある対応をとればOKです。

 

ゼロカットのデメリット

ゼロカットはトレーダーにとってデメリットは無く、メリットしかありません。

通常は追証になるものをFX業者が負担しているのでゼロカットが実現しています。

海外FX業者のサービスの一環になります。

 

追証が大量発生すると、FX業者の経営破綻の危機!?

2015年のスイスフランショックが起きた時、アルパリUKが経営破綻しています。

アルパリUKは追証無しのゼロカットシステムを採用していました。

ゼロカットは、日本ではトレーダーが負担するマイナス残高を、FX業者が肩代わりするシステムです。

ゼロカットの大量発生時には、FX業者が傾く可能性があるので、トレード金額を上回る信託保全をしているFX業者を選ぶようにしましょう。

 

追証なしのゼロカットだから出来る取引の裏ワザ

海外FXではゼロカット制度を利用した「両建て」ワザがあります。

国内FXでは禁止されている行為なので、海外FX(NDD方式の業者のみ)で行いましょう。

※異業者間の両建て・ボーナスを利用したボーナスなどは禁止している業者が多いです

 

ゼロカットを利用した両建てとは?

両建ては同じ通貨で「買いポジションと売りポジションを同じ数持つこと」です。

通常だと、両建ては何のメリットもありませんが、ゼロカットを利用した裏ワザがあります。

海外FXでは急な変動でロスカットされた場合、追証にならずにゼロカットになるので、もう片方は利益が生じます。

大きな値動きがあるほど利益が上がるので、低リスクで簡単に利益を上げることが出来ます。

※異業者間の両建て・ボーナスを利用したボーナスなどは禁止している業者が多いので、確認しておきましょう

 

まとめ

追証なしのゼロカット制度は国内FXには無い、顧客を守る素晴らしい仕組みです。

ハイレバレッジのリスクを見事にヘッジした仕組みで、追証のリスクを抱えた国内FXトレーダーにとっては非常に魅力的な制度です。

ほとんどの海外FX業者は導入しているので、思い切ってトレードしてみましょう。

コメント

error:Content is protected !!