海外FXの税金について | 計算方法・税金対策・決済のタイミング・節税方法まとめ

海外FXの税金ってどうなってるの?

海外FXって日本に税金を納める必要があるの?

計算方法や税金対策・申告のやり方を知りたいな。

こういった人たちのために、海外FXの税金について紹介して行きます。

海外FXの税金は国内FXの計算方法が違うため、注意が必要です。

海外FXだったら国内の税金は関係ないのでは?

と思いがちですが、海外FXで出た利益も国内で税金を納める必要があります。

ここでは海外FXの税金について紹介して行きます。

 

登録するだけで3,000円分のボーナスゲット!

海外FXの税金をばれない方法は無いの?

「海外FXで稼いだお金をばれずに済ませたい」

こんな人もいるでしょう。

税金を払わずに済めば、かなりのお金を節約することが出来ます。

しかし、残念ながらマイナンバー制度が始まり、より脱税が見つかるようになってしまいました。

 

脱税がばれてしまう理由

脱税が国税庁にばれてしまうのは2つの理由です。

  • 入金・出金の情報をクレジット会社・銀行が役所に報告
  • 海外銀行からの入金・出金記録を国税庁が調査

クレジット会社や国内銀行は、役所に入金・出金情報をしっかりと報告しています。

確定申告しなくても、国税庁はあなたの脱税状況をしっかりと把握しています。

また、海外銀行から国内銀行への送金記録も国税庁は把握しています。

海外銀行から100万円未満の送金も国税庁にばれる可能性が高いです

 

脱税がばれた場合の追加課税

もし脱税がばれてしまった場合は、以下のような罰則があります。

  • 逮捕(脱税額が莫大な場合)
  • 重課税40%(悪質な場合)
  • 無申告税20%(利益50万円より多い場合)
  • 無申告税15%(利益50万円以下の場合)

これらの罰則を受けないためにも、正しく税金を計算し、正しく申告しましょう。

脱税を考えるよりも、節税を考えた方が賢い選択だと思います。

節税は、後半で紹介しています。

 

脱税がばれない方法は無い(と考える)最悪、逮捕の可能性

多くの人が「どうにか税金を払わない方法は無いか?」を考えていますが、税務署もそれなりの対策を考えています。

もちろん、税務署は「国内」を中心に動いているので、海外ルートを使えばばれにくい方法はあります。

ただ、金額の大きさや脱税の悪質度合いによっては、罰則が厳しくなります。

  • ビットコインでの入出金ならばれないのでは無いか?
  • 海外の銀行へ出金して、海外旅行に行った時に引き落とせば大丈夫では無いのか?

こんなことを考えないように。ばれると大変です。

 

海外FXの税金は雑所得(累進課税)扱い

海外FXの税金は国内FXの税金とは違う扱いになります。

国内FX:申告分離課税(どれだけ利益が出ても税率は一律20.315%

海外FX:累進課税【雑所得】(利益に応じて15%~55%に変動する)

 

海外FXは稼げば稼ぐほど、税金が高くなる仕組みです。

所得金額 税率 控除額
195万円以下 15% 0円
195万円超~330万円以下 20% 97,500円
330万円超~695万円以下 30% 427,500円
695万円超~900万円以下 33% 636,000円
900万円超~1,800万円以下 43% 1,536,000円
1,800万円超~4,000万円以下 50% 2,796,000円
4,000万円超~ 55% 4,796,000円

所得税(5%~45%)・住民税(10%)の合算

(別途、所得金額に対して復興特別所得税(2.1%)がかかります)

 

海外FXは国内FXと比べて少し複雑です。

このような形で400万円くらいまでは国内FXより税金は少ないですが、それより多いと海外FXの方が税金が高くなります。

 

国内FXは分離課税(税金が安い)・海外FXは総合課税(税金が高い)

国内FXは「分離課税」で計算され、他の所得とは別々に計算されます。

海外FXは「総合課税」で計算され、他の所得と一緒に税金の計算をすることが出来ます。

 

分離課税は税金が安く済むが、経費はFX関係のみ

分離課税のメリット

  • 税金が安く済む
分離課税のデメリット

  • 経費がFX関係しか計上できない

国内FXは税金が他の所得と別々に計上されるため、経費がFX関係しか計上できません。

しかし、税率は20.315%と海外FXより安く済みます。

 

総合課税は税率は高いが他の経費と一緒に計上できる(その年の損益通算は出来る)

総合課税のメリット

  • 他の副業などの経費も一緒に計算できる
分離課税のデメリット

  • 税率が高い

海外FXは税率は国内よりも高くなりますが、他の副業などと一緒に経費計算ができます。

FXでマイナスになっても、副業の利益分を相殺できるので、1年間の損益通算にはなります。

 

税金は利益に対して発生する(所得税・住民税)年末調整とは別に確定申告が必要

税金は「売上」では無く、FX取引で得た利益に対して発生します。

利益に対して「所得税・住民税」がかかり、所得税は同じ年・住民税は翌年に対して税金の支払いが必要です。

利益分は翌年の2月~3月の確定申告で申告をしなければ行けません。

無申告の場合は、上で紹介したように、無申告税などを徴収されるので注意が必要です。

 

給料制のサラリーマンは20万円以上(個人事業主は38万円以上)の利益で税金の支払いが発生

確定申告をしなくてはいけない利益額は働き方によって変わります。

給与取得者:20万円以上の利益から納税義務がかかる
それ以外の方:38万円以上の利益から納税義務がかかる

給与所得者:サラリーマン・OL・アルバイト・パートなどの給料でお金を得ている人

サラリーマンなどの給与所得者は、20万円未満であれば、税金を払う必要がなく、確定申告は不要になります。

自営業などの事業所得などの人は、38万円未満であれば税金は不要です。

 

納税のタイミングは利益確定した分のみ

税金を払う必要があるのは、確定した分のみになります。

税金がかかるのは、決済して確定した分のみで、ポジションを保有している含み益は税金がかかりません。

サラリーマンの人で年末あたりで利益20万円行かないかくらいの場合は、利益を確定せずに来年に持ち越すと良いでしょう。

 

海外FXは損益通算が出来ない(例外あり)

国内FXは3年に渡って損益通算をすることができるので、税金を安く済ませることが出来ます。

しかし、海外FXは基本的に損益通算ができないので、過去の利益分を通算できません。

損失が出ている年も確定申告する必要があります

個人事業主登録をしていて、青色申告の場合は損益通算可能(下で説明)

【国内FXと海外FXの税金の違い】(上の図を参照)

  • 国内FXの税金:利益55万円 × 税率20.315% = 11万1,732円
  • 海外FXの税金:利益100万円 × 税率17.1% = 17万1,000円

海外FXは年をまたいでの損失の繰り越し・損益通算が出来ないため、国内FXと比べると税金が高くなる傾向があります。

国内FXと同じような計算で確定申告してしまうと、無申告税が取られるので注意が必要です。

 

事業所得の青色申告であれば3年の損益通算可能

基本的に海外FXで損益通算はできませんが、個人事業主登録をしていて業務で海外FXを行なっている人は、青色申告の場合は3年の損益通算が可能です。

雑所得と事業所得の区分けについては税務署に聞いて確認すると良いです。

 

税金の計算方法

海外FXの税金は雑所得の総合課税となるので、FXの利益は給料分と足して全ての所得がひとまとめになります。

【海外FXの税金の計算(ざっくり)】

勤務先の年収+海外FXの利益-経費=個人所得となり、税金の対象となる

勤務先の年収:500万円

海外FXの年間利益:100万円

経費:30万円

年収500万円 + FX利益100万円 – 経費30万円 = 570万円(所得金額)

(570万円 × 税率30% – 控除額427,500円)× 1.021%(復興特別所得税2.1%を加算)= 1,309,432円

こういった計算方法となります。

給料の場合は、勤務先から給料分の税金が支払われているので、差額のみ納税することになります。

 

計算は複雑なので、副業確定申告シュミレーターなどを使って行なうと良いでしょう。

 

海外FXの税金対策(節税方法)

海外FXが利益が出た時は、確定申告をして税金を払わなくては行けませんが、経費分は利益から差し引くことが出来ます。

海外FXで考えられる経費

  • 海外FXを勉強するために購入した本・情報商材・有料メルマガ
  • FXセミナー・勉強会の費用
  • 自動売買ツールの購入費
  • FX取引のためのパソコン・スマホ(一部)
  • 通信費(一部)
  • FX関係の人との会食費

これらは海外FXの経費として申告することが出来るので、領収書などの控えをしっかりと取っておきましょう。

パソコンやスマホ・通信費などは、他の用途もあるので、全額経費計算することは難しいです。

使った時間(FX取引に費やした時間)などで計算するのが一般的です。

 

家賃などの生活費の一部も経費計算できる

家の中でFX取引をしているのであれば、家賃などの生活費の一部を経費計算することも可能です。

家賃なら「作業している部屋の分だけ」・通信費なら「使っている時間」などを計算して計上して行きます。

経費計上できる生活費

  • 家賃:作業場として使っている部屋の分の家賃
  • 通信費(パソコン・スマホ):FX取引に使っている時間・通信量で計算
  • パソコン・スマホの購入費:FX取引に使う割合で計算

このような生活費の一部も経費として計上することが出来ます。

ただ、あくまで「生活に対する作業時間の割合」などで計算するようにしましょう。

すべて100%経費として計上すると、税務署が入った時に経費の過剰計上扱いにされる可能性があります。

 

他の副業と合算できる

海外FXは雑所得の扱いとなり、他の副業と合算して申告することになります。

経費も合算して考えることもでき、税金対策を国内FXよりも広く考えることが出来ます。

他の副業と合算して計算出来る経費

  • 飲食店での飲食代(アフィリエイトなどの作業費)
  • テーマパークなどのサービス利用費(サイト記事の取材費)
  • スーパーの食材費(料理系サイトの経費)
  • 車代・ガソリン代(転売の仕入れで使う交通費)

他の副業を含めれば、日常生活で使うお金も、経費として考えることが出来ます。

(実際にそのジャンルのサイト・転売実績などが必要になります)

もし海外FXでたくさんの利益が出ていても、他の副業で赤字だった場合は、合算して考えれば良いので、払う税金が少なくて済みます。

 

両建てによってわざと損失を出す

これはちょっとした裏技ですが、わざと両建てをして買いポジと売りポジを作ります。

そして、マイナスが発生した方のポジションを決済することによって損失が生じます。

買いポジ:ドル円(110円)10万通貨 → 111円(10万円の利益)← コチラは年明けに決済する
売りポジ:ドル円(110円)10万通貨 → 111円(10万円の損失)← コチラだけ年内に決済する

こういった両建てをすることによって、利益をわざと減らし、税金を減らすことが出来ます。

ただ、この行為は利益は翌年に後回しにするだけになりますが、年末直前に出来る節税技です。

 

損失が出た場合

国内FXで損失が出た場合は、損失繰越(前年の損失を持ち越して、次の年の所得から差し引くこと)をすることが出来ますが、海外FXでは損失繰越が出来ません。

毎年、税金を払う必要があります。(損失の場合は、申告不要です)

もし他の副業をやっている人がいれば、海外FXで出た損失を、他の利益から差し引くことは可能です。

 

税金の申告の仕方(税金の払い方)

毎年1月1日~12月31日に出た利益は、翌年の2月16日~3月15日の確定申告で申請する義務があります。

申告せずに放置していると、税務署に入られる可能性があり、延滞税や重加算税(課税所得の35%)の罰則が科せられます。

今はマイナンバー制度で、個人の稼ぎも把握されている可能性も高いため、必ず申告するようにしましょう。

副業禁止の会社で働いている人も、申告方法で会社にばれずに、個別で税金を払うことが出来ます。

 

まとめ

経費計算は複雑なので、副業確定申告シュミレーターなどを使うと便利です。

確定申告の時も「国税庁の確定申告書等作成コーナー」でネットで入力して行けば、勝手に計算してくれるので便利です。

経費については、出来るだけ節税するために、上で紹介した様々な方法で経費にする工夫をしてみましょう。

コメント

error: Content is protected !!