海外FXで安全な業者はどこか? 7つのポイントで危険性を探る

海外FX教授
海外FX教授

ここでは海外FXで安全な業者はどこか? 7つのポイントで安全性・危険性を探って行くよ。

安心して使える安全なFX業者を使いたい人は参考にしてね。

海外FXはどの業者が安全で信頼できるか?の判断が非常に難しいです。

会社が海外にあり、日頃ニュースが入ってくることも無いので、判断するための情報が少ないと思います。

ここでは「安全な海外FX業者」を7つのポイントで判断して行きます。

倒産リスクの少ない、倒産しても資金が補償される、不正取引の無い、出金トラブルの無い、安心して使える業者を見つけましょう。

当サイトではXMが総合的にバランスが良くおすすめしています。

 

登録するだけで3,000円分のボーナスゲット!

安全な海外FX業者を見極めるポイント

安全なFX業者を見極めるポイントは以下の7つです。

  1. 厳しい金融ライセンスを取得しているか?
  2. 信託保全(補償)はあるか?
  3. 運営期間
  4. 海外FX業者の口コミサイトFPAの評価
  5. NDD方式か?・DD方式か?
  6. 追証無しのゼロカットか?
  7. 日本円・日本語対応・日本人スタッフに対応しているか?

1つ目~3つ目は「倒産リスク・補償の判断」

4つ目~6つ目は「詐欺業者で無いかの判断」

7つ目は「私たち日本人向けのサイトかの判断」を見て行きます。

 

7つ目の「日本円・日本語対応・日本人スタッフに対応しているか?」は、そのFX業者がどれだけ日本に対して真剣にサービスを提供しようとしているか?という判断も出来ます。

すぐ撤退するつもりの業者には大切な資金を預けることも出来ないと思います。

総合的に優れた海外FX業者を判断して行きましょう。

 

厳しい金融ライセンスを取得しているか

FX業者はさまざまな国のライセンスを取得していますが、「ライセンスを持っていれば良い」ということはありません。

ライセンスによっては、取得が非常に難しく、維持するだけでも大変なライセンスもあります。

厳しいライセンスは持っているだけでも「安全性が高い」と判断できるものも多いので、難易度の高いライセンスを知っておきましょう。

 

【イギリスFCAライセンス】

イギリスFCAライセンス(金融行為規制機構【Financial Conduct Authority:FCA】)は最もライセンスの取得が難しい金融ライセンスです。

顧客資金と運営資金の分別管理はもちろんのこと、投資家を保護するための規則を厳格に定めており、出金の遅延も認められていない、非常に厳しいライセンスです。

定期的に経済状況や顧客資金・運営資金の内訳などの提出を求めていて、取得・維持が難しい金融ライセンスです。

FCAにはCASS(顧客資金取扱規定)という顧客資金の保護に関する取り決めがあるのも特徴です。

万が一業者が運営不可能な状態になっても、CASSの規定の下でトレーダーに資金を返すように命じられます。

CASSでは、万が一金融機関が破綻した場合でも、顧客の資産を迅速に顧客に返還するために、金融機関が顧客資産を自己勘定として使用することを禁じる他、金融機関に顧客資金の名義、資金の保管およびすべての取引について、記録を保持することを義務付ける等、顧客資産の分別管理について規定している。

顧客保護の観点から見たグローバル市場における規制動向

FCAライセンス取得業者

 

【キプロスCySecライセンス】

キプロスCySecライセンス(キプロス証券委員会【CySEC・サイセック】)はイギリスFCAライセンスの次に厳しいと言われている金融ライセンスです。

キプロスはヨーロッパの東側にある小さい島の国ですが、CySECは日本の金融庁以上に厳格な判断を行う機関の一つです。

CySECに認可を受けている会社は、ICF(投資家補償基金)と呼ばれる補償機関のメンバーになることが義務づけられています。

ICF加盟会社が顧客への資産返金が行えない場合、最大2万ユーロ(約260万円)の補償が付いています。

CySecライセンス取得業者

上記の2つを取得しているからと言って、完全に安全とは言えません。

CySECを取得していたIronFXという業者は顧客との間で出金トラブルを起こしていて、CySECから335,000ユーロ(4,355万円)の罰金を命じられています。

ただ、これらの金融ライセンスを取得していることによって、補償を受けることが可能です。

【どのライセンスを日本に使っているかが重要】

複数のライセンスを取っているFX業者は、「どのライセンスを日本に使っているか」が大切です。

たくさんのライセンスを取得しているXMも日本の営業にはセーシェル(FSA)を使用しています。

XMはイギリス(FCA)やキプロス(CySEC)を取得していますが、「日本には適用されない」ため、ライセンスの意味はありません。

ただ、「ライセンスを取得できるほどの安全性のある会社」としての認識は出来ます。

【あえてマイナーライセンスを使っている業者が多い】

FX業者によっては、「あえて」マイナーなライセンスを日本向けに使用していることもあります。

過去に、オーストラリアライセンス(ASICS)を取得している海外FX業者(AxiTrader・Pepperstone・Thinkforexなど)が一斉に日本市場から撤退を余儀なくされたこともあります。

日本の金融庁は日本のライセンスをとらずに営業を続ける「海外FX業者」を良く思ってなく、「海外の金融庁に撤退を求める可能性」があるため、「日本からの撤退を恐れて」マイナーライセンスを使用しているFX業者があります。

 

海外FX業者のライセンス取得状況

FX業者日本向けライセンスその他の取得ライセンス
XMセーシェル(FSA)イギリス(FCA)・キプロス(CySEC)・オーストラリア(ASIC)など14種類
アキシオリーベリーズ(IFSC)
タイタンFXバヌアツ(VFSC)ニュージーランド(FSP)
FBSセントビンセント及びグレナディーン諸島の法人登録キプロス(CySEC)・ベリーズ(IFSC)
FxProキプロス(CySEC)イギリス(FCA)・南アフリカ(FSB)・ドバイ(DFSA)など4種類
ホットフォレックスセントビンセント及びグレナディーン諸島の法人登録キプロス(CySEC)・南アフリカ(FSB)
トレードビューケイマン諸島(CIMA)
ランドFXイギリス(FCA)ニュージーランド(FSP)
アイフォレックス英領バージン諸島(BVIFSC)(グループ会社はキプロス【CySEC】・ハンガリー【MNB】取得)

FBSやホットフォレックスの「セントビンセント及びグレナディーン諸島の法人登録」は金融庁が無く、法人登記のみでFXのサービスを運営できます。

金融庁の審査等が無いため、信頼性には少し乏しくなってしまいます。

1つしかライセンスを持っていないFX業者は、何かあった時のリスクは高めと言えるでしょう。

 

信託保全(補償)はあるか

信託保全(倒産した時の資金の補償)は非常に大切です。

信託保全を語るうえで、「分別管理」という言葉も良く出てくるので、簡単に紹介します。

信託保全

信託保全は「顧客から預った資金」と「FX業者の運営資金」を別々の銀行口座で管理し、顧客資金を信託銀行などに管理させFX業者の運営資金には使えなくするという資産管理方法

分別管理

分別管理は「顧客から預った資金」と「FX業者の運営資金」を別々の銀行口座で管理することで、顧客資金をFX業者の運営資金には使わないという資産管理方法

この手のことをFX業者に質問すると、FX業者は「分別管理しているから大丈夫」と言います。

しかし「FX業者が倒産した場合、顧客資金も債権者に取られてしまう可能性」があるので、信託保全の方が安心できるでしょう。

日本向けライセンスで、イギリス(FCA)やキプロス(CySEC)を使っている業者は信託保全が付いていますが、他のライセンスの業者は個別に信託保全を付ける必要があります。

 

海外FX業者の信託保全・分別管理状況

FX業者信託保全分別管理
XMAIG保険(最大100万ドル)
アキシオリー信託銀行SparkasseBank(全額信託保全)
タイタンFX信託保全無し
FBS信託保全無し
FxProFSCS(最大5万ポンド)・ICF(最大2万ユーロ)
ホットフォレックス500万ユーロを上限とする民事賠償保険
トレードビュー最大3万5千ドル
ランドFXFCA CASS(最大5万ユーロ)
アイフォレックス信託保全無し

調べた結果、9社中3社は「信託保全無し」という結果でした。

アイフォレックスは日本での運営が20年を超える老舗ですが、信託保全が付いていないのは残念です。

XM・アキシオリー・FxPro・ホットフォレックスなどは、かなり手厚い信託保全が付いているので、安心できるでしょう。

 

運営期間

運営期間は長ければ安全性が高い訳ではありませんが、一定の信頼性にはなります。

特に1年以内の業者は、「良い業者なのか悪い業者なのか」分からない状態なので、使うのを控えた方が無難でしょう。

FX業者設立
XM2009年
アキシオリー2011年
タイタンFX2014年
FBS2009年
FxPro2006年
ホットフォレックス2010年
トレードビュー2004年
ランドFX2013年
アイフォレックス1996年

運営期間はアイフォレックスが20年以上、次にトレードビュー・FxPro、その次にXM・FBSとなっています。

トレードビューやFBSは日本向けのサービスに積極的でなかったため、知名度はXMよりも低くなっています。

運営期間が長ければ良いわけではありませんが、一定の信頼感はあるでしょう。

 

海外FX業者の口コミサイトFPAの評価

海外のFX業者口コミサイトFPA(Forex Peace Army)の評価も参考にできます。

評価には、一定数のサクラやスパム・嫌がらせなどもあると思いますが、「詐欺の会社」には詐欺と表示されます。

FPAの点数も大切ですが、「詐欺業者でないか?」の評価をメインに考えましょう。

 
【健全な業者の場合】

健全な業者の場合は、このように点数が表示されます。

レビューを読んで、どんな評価を得ているか確認してみましょう。

 
【詐欺業者の場合】

詐欺業者の場合は、このように「詐欺」と表示されます。

使いたい業者を一度、調べてみると良いでしょう。

FPA(Forex Peace Army)公式サイト

FX業者FPAの点数
XM3.274点
アキシオリー3.524点
タイタンFX評価なし
FBS2.879点
FxPro2.67点
ホットフォレックス3.877点
トレードビュー3.874点
ランドFX2.989点
アイフォレックス2.102点

FPAの評価ではホットフォレックスやトレードビューが非常に良い評価で、アキシオリーもなかなかの点数でした。

XMは普通程度の評価ですね。

タイタンFXは海外ではほとんど営業していないのか、レビューが1件しかありませんでした。

 

NDD方式か・DD方式か

海外FXではNDD方式か、DD方式かは非常に重要だと個人的に考えています。

DD業者は特にボーナスでの出金トラブルが多く、出金拒否や口座凍結・不利な約定などの処置もよく聞きます。

このようなトラブルは「トレーダーが不正取引をしたとDD業者が判断したら」このような処置を受けてしまいます。

変にケチを付けられて出金拒否になるよりは、NDD業者に登録しておいた方が無難でしょう。

NDD方式

NDD方式は顧客(トレーダー)の注文をそのままインターバンクに発注する方式です。

取引手数料のみが利益となり、透明性の高いのが特徴です。

NDD方式のメリット

  • 取引手数料のみで利益を上げているため、透明性が非常に高い
  • 不正行為が無い(出金拒否・口座凍結・ストップ狩り・不利なスリッページ・故意のレート変更など)
  • スキャルピングOK・自動売買OK・両建てOK
NDD方式のデメリット

  • 取引手数料が高くなりがち

 

DD方式

DD方式は顧客(トレーダー)の注文をインターバンクに通さず、FX業者で雇っている凄腕トレーダーの注文のみをインターバンクに通しています。

顧客の注文をインターバンクに通さない理由は「9割が負けるから」です。

「負けると分かっていれば、わざわざ注文する必要ないでしょ!?」というのがDD業者のやり方です。

それよりも、直接雇った凄腕トレーダーに勝ってもらった方が利益が出ます。

注文をインターバンクに通さないので、顧客が負ければ利益が出て、顧客が勝てば損失が出ます。

 

DD方式の注意点は「顧客が勝っては困るため、顧客が勝てないように不正行為をしている」ということです。

DD業者は顧客が勝ちやすいスキャルピング・自動売買ツールの使用を禁止したり、ボーナスで出た利益の出金拒否・口座凍結・ストップ狩り・不利なスリッページ・故意のレート変更など、様々な不正行為を行っています。

すべてのDD業者がこれらの行為を行っている訳ではありませんが、顧客とのトラブルがある会社はDD業者の方が多いです。

DD方式のメリット

  • 取引手数料が安い・低スプレッド
DD方式のデメリット

  • 禁止事項が多い
  • 顧客とのトラブルが多い
  • 不正行為が多い(出金拒否・口座凍結・ストップ狩り・不利なスリッページ・故意のレート変更など)
  • スキャルピングNG・自動売買NG・両建てNG

国内FXの不正行為が嫌で海外FXに来た人も多いと思うので、NDD業者に登録しておくのをおすすめします。

FX業者NDD/DD
XMNDD
アキシオリーNDD
タイタンFXNDD
FBSNDD
FxProNDD
ホットフォレックスNDD
トレードビューNDD
ランドFXDD
アイフォレックスDD

DD業者は「ボーナスが多い」のがメリットですが、正しく取引しないと出金拒否となり、ボーナスで得た利益が出金できません。

ボーナスに誘われてひどい目に合う人も多いので、NDD業者にしておくと良いです。

 

追証無しのゼロカットか

海外FXではほとんど全ての業者が「追証無しのゼロカットシステム」を採用しています。

国内FXのように追証になれば、利益どころか借金となってしまいますが、海外ではFX業者が損失をカバーしてくれます。

海外FXのメリットの一つでもあります。

FX業者ゼロカットの有無
XMゼロカット・追証無し
アキシオリーゼロカット・追証無し
タイタンFXゼロカット・追証無し
FBSゼロカット・追証無し
FxProゼロカット・追証無し
ホットフォレックスゼロカット・追証無し
トレードビューゼロカット・追証無し
ランドFXゼロカット・追証無し
アイフォレックスゼロカット・追証無し

 

日本円・日本語対応・日本人スタッフ

日本円・日本語対応・日本人スタッフがいるかどうかは私たち日本人にとっては安心感につながります。

サイトが日本語になっている、メールで質問しても日本語で返ってくるというのは抵抗感も少なく取引ができます。

日本向けのサービスを提供しているかは、そのFX業者がどれだけ日本に対して真剣にサービスを提供しようとしているか?という判断も出来ます。

すぐ撤退するつもりの業者には大切な資金を預けることも出来ないと思います。

FX業者日本円日本語日本人スタッフ
XM
アキシオリー
タイタンFX
FBS×〇(直訳感あり)
FxPro×
ホットフォレックス×〇(直訳感あり)
トレードビュー△(一部日本円非対応)△(一部のみ日本語)
ランドFX
アイフォレックス

 

海外FX業者別の安全性評価

ここではFX業者別に安全性を評価して行きます。

 

XM

XM
ライセンスセーシェル(FSA)【日本向け】・イギリス(FCA)・キプロス(CySEC)・オーストラリア(ASIC)など14種類
信託保全AIG保険(最大100万ドル)
設立2009年
FPAの点数3.274点
NDD・DDNDD
ゼロカットゼロカット・追証無し
日本円・日本語・日本人スタッフ全て対応済み

XMは全体的に非常に優秀な海外FX業者です。

セーシェル(FSA)ライセンスで日本の営業をしていますが、他のFX業者の中でも一番のライセンスの数を誇ります。

100万ドル(約1億円)の補償も付いているので、まず安心して取引できる業者と言えるでしょう。

XM(XMTrading)のメリット・デメリットを比較検証
XM(XMTrading)のメリット・デメリットを紹介して行きます。 XMのボーナス(口座開設・入金・キャッシュバック)・レバレッジ・ロスカット率・スプレッド・スキャルピング情報・追証・ゼロカット・入金・出金・NDDなど、XMの情報を盛りだくさんに紹介します。

 

アキシオリー

アキシオリー
ライセンスベリーズ(IFSC)
信託保全信託銀行SparkasseBank(全額信託保全)
設立2011年
FPAの点数3.524点
NDD・DDNDD
ゼロカットゼロカット・追証無し
日本円・日本語・日本人スタッフ全て対応済み

アキシオリーは低スプレッドのスキャルピングができるFX業者です。

信託保全は全額補償付きで、FPAの点数も非常に高く、海外でも優秀な評価です。

ボーナスは無いですが、NDD業者として非常に優秀なのでおすすめです。

アキシオリー(AXIORY)のメリット・デメリットを比較検証
AXIORY(アキシオリー)のメリット・デメリットを紹介して行きます。 アキシオリーのレバレッジ・ロスカット率・スプレッド・スキャルピング情報・追証・ゼロカット・入金・出金・NDD・VPS・トラブルなど、アキシオリーの情報を紹介します。

 

タイタンFX

タイタンFX
ライセンスバヌアツ(VFSC)【日本向け】・ニュージーランド(FSP)
信託保全信託保全無し(分別管理のみ)
設立2014年
FPAの点数評価なし
NDD・DDNDD
ゼロカットゼロカット・追証無し
日本円・日本語・日本人スタッフ全て対応済み

タイタンFXは日本では非常に評価の高いFX業者ですが、信託保全は無く、FPAの評価が無いのが不安点です。

NDD方式でトラブルも聞かないので、まずは安心できるでしょう。

タイタンFX(Titan-FX)のメリット・デメリットを比較検証
Titan-FX(タイタンFX)のメリット・デメリットを紹介して行きます。 タイタンFXのレバレッジ・ロスカット率・スプレッド・スキャルピング情報・追証・ゼロカット・入金・出金・NDD・VPS・コピートレードなど、タイタンFXの情報を紹介します。

 

FBS

FBS
ライセンスセントビンセント及びグレナディーン諸島の法人登録【日本向け】・キプロス(CySEC)・ベリーズ(IFSC)
信託保全信託保全無し(分別管理のみ)
設立2009年
FPAの点数2.879点
NDD・DDNDD
ゼロカットゼロカット・追証無し
日本円・日本語・日本人スタッフドル・ユーロ口座のみ(円での入金可能)・日本語は直訳感あり・日本人スタッフ対応

FBSは運営が長いですが、日本へのサービスにあまり力を入れていなかったため、知名度が低めです。

ただ、業界最大級のハイレバレッジ・ボーナスがあり、日本人スタッフもいるため、注目されています。

信託保全が無く、日本人向けが金融庁の許可を取っていないところが心配点です。

FBSのメリット・デメリットを比較検証
FBSのメリット・デメリットを紹介して行きます。 FBSのボーナス(口座開設・入金・キャッシュバック)・レバレッジ・ロスカット率・スプレッド・スキャルピング情報・追証・ゼロカット・入金・出金・NDDなど、FBSの情報を盛りだくさんに紹介します。

 

FxPro

FxPro
ライセンスキプロス(CySEC)【日本向け】・イギリス(FCA)・南アフリカ(FSB)・ドバイ(DFSA)など4種類
信託保全FSCS(最大5万ポンド)・ICF(最大2万ユーロ)
設立2006年
FPAの点数2.67点
NDD・DDNDD
ゼロカットゼロカット・追証無し
日本円・日本語・日本人スタッフ日本人スタッフ不在(メールが英語でしか返ってこない)

FxProは安全性・信頼性に力を入れているFX業者ですが、FPAの点数が低いのが気になります。

ライセンスはキプロスで、信託保全は850万円ほどの補償が付いているのが信頼度◎です。

FxPro(エフエックスプロ)のメリット・デメリットを比較検証
FxProのメリット・デメリットを紹介して行きます。 FxProの・レバレッジ・ロスカット率・スプレッド・スキャルピング情報・追証・ゼロカット・入金・出金・NDD・取引ツール・安全性・ライセンスなど、FxProの情報を盛りだくさんに紹介します。

 

ホットフォレックス

ホットフォレックス
ライセンスセントビンセント及びグレナディーン諸島の法人登録【日本向け】・キプロス(CySEC)・南アフリカ(FSB)
信託保全500万ユーロを上限とする民事賠償保険
設立2010年
FPAの点数3.877点
NDD・DDNDD
ゼロカットゼロカット・追証無し
日本円・日本語・日本人スタッフドル・ユーロ口座のみ(円での入金可能)・日本語は直訳感あり・日本人スタッフ対応

ホットフォレックスは日本人向けが金融庁の許可を取っていないところが心配点です。

ただ500万ユーロの補償やFPAの点数の高さなど、それを補うだけのメリットもあります。

HotForex(ホットフォレックス)のメリット・デメリットを比較検証
ホットフォレックス(HotForex)のメリット・デメリットを紹介して行きます。 ホットフォレックスのボーナス(入金・キャッシュバック)・レバレッジ・ロスカット率・スプレッド・スキャルピング情報・追証・ゼロカット・入金・出金・NDDなど紹介します。

 

トレードビュー

トレードビュー
ライセンスケイマン諸島(CIMA)
信託保全最大3万5千ドル
設立2004年
FPAの点数3.874点
NDD・DDNDD
ゼロカットゼロカット・追証無し
日本円・日本語・日本人スタッフ一部日本円で入金できない方法あり・日本語は直訳感あり・日本人スタッフ対応

トレードビューは日本へのサービスにあまり力を入れていなかったため知名度は低いですが、運営期間はアイフォレックスの次に長いです。

FPAの評価も高く、信託保全も400万円ほどあるため、安全性が高いFX業者だと言えます。

トレードビュー(Tradeview)のメリット・デメリットを比較検証
Tradeview(トレードビュー)のメリット・デメリットを紹介して行きます。 トレードビューのレバレッジ・ロスカット率・スプレッド・スキャルピング情報・追証・ゼロカット・入金・出金・NDD・VPS・トラブルなど、トレードビューの情報を紹介します。

 

ランドFX

ランドFX
ライセンスイギリス(FCA)【日本向け】・ニュージーランド(FSP)
信託保全FCA CASS(最大5万ユーロ)
設立2013年
FPAの点数2.989点
NDD・DDDD
ゼロカットゼロカット・追証無し
日本円・日本語・日本人スタッフ全て対応済み

ランドFXは最高峰のライセンス、イギリス(FCA)を取得し、信託保全も650万円ほどの補償も付いていますが、DD業者というのが一番の心配点です。

入金ボーナス50万円が付いていますが、「不正行為」と見なされないように、怪しい取引はやめておきましょう。

ランドFX(LAND-FX)のメリット・デメリットを比較検証
LAND-FX(ランドFX)のメリット・デメリットを紹介して行きます。 ランドFXの入金100%ボーナス(50万円)・レバレッジ・ロスカット率・スプレッド・スキャルピング情報・追証・ゼロカット・入金・出金・DDなど、情報を盛りだくさんに紹介します。

 

アイフォレックス

アイフォレックス
ライセンス英領バージン諸島(BVIFSC)【日本向け】・(グループ会社はキプロス【CySEC】・ハンガリー【MNB】取得)
信託保全信託保全無し(分別管理のみ)
設立1996年
FPAの点数2.102点
NDD・DDDD
ゼロカットゼロカット・追証無し
日本円・日本語・日本人スタッフ全て対応済み

アイフォレックスは1996年から運営している老舗FX業者ですが、DD方式を採用しているのと、FPAの評価が非常に低いのが心配点です。

不正操作の報告もあるようなので、ボーナスの運用は怪しい行為のないように取引しましょう。

アイフォレックス(iFOREX)のメリット・デメリットを比較検証
iFOREX(アイフォレックス)のメリット・デメリットを紹介して行きます。 アイフォレックスの入金ボーナス・レバレッジ・ロスカット率・スプレッド・スキャルピング情報・追証・ゼロカット・入金・出金・DD方式など、アイフォレックスの情報を盛りだくさんに紹介します。

 

まとめ

7つのポイントで安全性を見ると、これら3つの業者が全体的に優秀と言えるでしょう。

現時点では非常に優秀ですが、今後も優秀であり続けるとは限りません。

定期的にFPAをチェックしたり、海外FXのブログなどで新しい情報を入手しておくようにしましょう。

当サイトではXMが総合的にバランスが良くおすすめです。

XMの登録はコチラ

海外FXおすすめ比較

コメント

error:Content is protected !!