海外FXでロスカット水準の低い業者を比較! ギリギリまでポジろう

海外FX教授
海外FX教授

海外FXの一番の特徴であるハイレバ取引(ハイレバレッジ)はロスカット率も大事だよね。

ここではロスカット水準の低い海外FX業者を比較して行くよ。

海外FXでは国内FXと比べて全体的にロスカット水準が低く、ハイレバ取引が可能です。

ロスカット水準が低ければ低いほど、証拠金ギリギリまで取引を続けることが出来ます。

ここではロスカット水準の低いFX業者を比較して行きます。

 

おすすめの海外FX業者

ロスカット水準が低いメリット

海外FX国内FX
ロスカット平均20%~30%平均50%~60%
ロスカット水準が低いメリット

  • 強制ロスカットされない
  • 追証の必要が無い

ロスカットとは「トレードで損失を出した場合に、預けている証拠金が〇〇%まで減ったら強制的に決済される」仕組みです。

国内では平均50%~60%に設定されているので、急な値下りがあった場合、すぐにロスカットされてしまいます。

また、ロスカットが間に合わなかった場合は、資金が不足してしまい、追証という証拠金を追加入金する必要が出ることもあります。

しかし、海外FXのロスカット水準は平均20%~30%と低いことが多いので、ロスカットされる心配も少なく、追証無しのゼロカットシステムを採用している業者がほとんどです。

 
【ゼロカットとは】

海外FXではほとんど全ての業者が「追証無しのゼロカットシステム」を採用しています。

国内FXのように追証になれば、利益どころか借金となってしまいますが、海外ではFX業者が損失をカバーしてくれます。

海外FXのメリットの一つでもあります。

 

ロスカットされる金額

米ドル/円を100円で10万通貨購入した時
レバレッジロスカット率必要証拠金ロスカットされる金額
FBS3,000倍20倍3,333円666円
ホットフォレックス1,000倍10%10,000円1,000円
XM888倍20%11,260円2,252円
タイタンFX500倍20%20,000円4,000円
アイフォレックス400倍0%25,000円0円
GMOクリック25倍50%400,000円200,000円

海外FXは国内FXと比べると、少ない証拠金でトレードすることが出来ます。

(国内の3%~6%の金額で取引出来る)

レバレッジ金額が高いと証拠金が少なくトレードでき、ロスカット率が低いと証拠金ギリギリまで取引を続けることが出来ます。

国内(例:GMOクリック証券)だと証拠金が50%になったらすぐにロスカットされてしまいますが、アイフォレックスは証拠金0円になるまで取引を続けられます。

 

ロスカット計算方法

ロスカットの計算方法は、コチラを参考にしてください。

通貨金額 × 通貨数 ÷ レバレッジ率 × ロスカット率
XM 米ドル/円100円 10万通貨の場合
100円 × 10万通貨 ÷ 888倍 × 20% = 2252円

タイタンFX ユーロ/円120円 10万通貨の場合
120円 × 10万通貨 ÷ 500倍 × 20% = 4800円

ロスカット率が低い方がギリギリまでホールドでき、レバレッジ率が高い方が必要証拠金が低くなります。

 

少ない金額でトレードしよう

海外FXは少ない証拠金で取引を開始でき、リターンも大きいですが、値下りすると一瞬で証拠金が吹き飛んでしまいます。

海外FXで取引をする時は少ない資金でトレードしましょう。

資金20万円での取引

国内FX:20万円の資金で1万通貨の取引(長期取引可能)

海外FX:2万円×10回分けで10万通貨のハイレバ取引(短期取引狙い)

海外ではこんな方法で取引が出来るので、国内よりもリスクを分散させてトレードが出来ます。

「ハイレバレッジ」というとリスクの高い取引だとイメージしてしまいますが、ハイレバになるほどリスクを回避する方法があります。

海外FXはロスカット率も低く、追証の無いゼロカットなので、国内FXよりもリスクが少なく取引が可能です。

ねこ
ねこ

海外FXでは資金を分散させて取引しよう。

全財産を突っ込んでハイレバ取引は危険だから止めておこうね。

 

おすすめのロスカット水準が低いFX業者

ここではロスカット水準が低いFX業者を紹介します。

アイフォレックスは他のFX業者には無い、驚異のロスカット0%です。

アイフォレックスは一獲千金を狙えるFX業者で「アイフォ戦士」と呼ばれる一獲千金狙いの人も多いです。

1位 アイフォレックス
(ロスカット0%・レバレッジ400倍)
2位 ホットフォレックス
(ロスカット10%・レバレッジ1,000倍)
3位 FBS
(ロスカット20%・レバレッジ3,000倍)
4位 XM
(ロスカット20%・レバレッジ888倍)

アイフォレックスの次にロスカット率が低いのはホットフォレックスの10%です。

FBSやXMのロスカットは20%で比較的低水準です。

FBS・XMは口座開設・入金時にボーナスがもらえるので、ボーナスでハイレバ取引をやってみると良いです。

海外FXでボーナスが多い業者を比較! お得に取引を開始しよう
海外FXでボーナスが多い業者を比較!します。 ボーナスをもらってお得に取引を開始しましょう。

 

海外FX業者のロスカット比較

海外FX業者のロスカット比較をして行きます。

ロスカット水準はアイフォレックスがNo.1です。

アイフォレックスは資金が尽きるギリギリまでホールド出来るので、ハイレバ取引したい人におすすめのFX業者です。

ロスカット水準レバレッジ比率
アイフォレックス0%400倍
ホットフォレックス10%1,000倍
FBS20%3,000倍
XM20%888倍
タイタンFX20%500倍
アキシオリー20%400倍
ランドFX30%500倍
トレードビュー100%500倍

海外FXはほとんどの業者がロスカット水準が低めです。

トレードビューはロスカット率100%で、スキャルピング(高速取引)をしたい上級者向けの業者です。

 

まとめ

海外FXはハイレバ取引がメリットの一つですが、ロスカット率が低いことも大きなメリットです。

少ない金額で一獲千金を狙えるアイフォレックスは、ぜひ登録しておくと良いでしょう。

FBS・XMは口座開設、入金ボーナスが多いので、ボーナス額でハイレバ取引をしてみましょう。

アイフォレックスの登録はコチラ

ホットフォレックスの登録はコチラ

FBSの登録はコチラ

XMの登録はコチラ

コメント