ランドFXの入金方法 – 3つの入金方法を図解で紹介します

海外FX教授
海外FX教授

ここではランドFX(LAND-FX)の入金方法について紹介して行くよ。

初めて入金する人はこのページを参考にしてね。

ここでは各種入金方法について調査して行きます。

この3種類の入金方法を調べました。

ぜひ入金の参考にしてください。

出金方法は別ページで紹介します。

ランドFXの出金方法 - 3つの出金方法を図解で紹介します
XMの出金方法についてスクリーンショット付きで紹介して行きます。 クレジットカード・マイビットウォレット・STICPAY・海外銀行送金の3種類の手続き方法です。 手数料・反映時間・最低出金額・出金限度額についても分かりやすく説明して行きます。

ランドFXの登録はコチラ

 

登録するだけで3,000円分のボーナスゲット!

おすすめの入金方法

入金方法手数料入金までの時間最低入金額
クレジットカード無料1時間以内1万円(100ドル)
STICPAY無料(STICPAYへの手数料3.85%【カード】)即時5ドル
国内銀行無料1~2営業日5万円(500ドル)※5万円未満は手数料10ドル
WebMoney(非推奨)無料1時間以内1万円(100ドル)
PerfectMoney(非推奨)無料1時間以内1万円(100ドル)

おすすめの順番はこんな順番です。

おすすめの入金順位
①:クレジットカード
②:STICPAY
③:国内銀行

入金出来るクレジットカードがあれば、一番良いですが、だいたいのカードはエラーとなってしまうと思います。

私はエポスカードで入金出来ています

 

もし、手持ちの全てのカードが上手く行かない時は、STICPAYがおすすめです。

STICPAYなら、カードがエラーになることも無く、VISA・Masterカードに対応しています。

慣れない人は国内銀行からの入金も出来ますが、最低5万円入金しないといけないので、ハードルが高めです。

 

ちなみにWebMoneyとPerfectMoneyは非推奨です。

日本語非対応で日本円も使えません。

サイトも非常に見にくいので、ここでは省略させて頂きます。

 

出金のことを考えたおすすの入金方法

入金方法入金手数料出金手数料出金限度額
クレジットカード無料無料入金額と同額まで
STICPAY無料(STICPAYへの手数料3.85%【カード】)0.3ドル+2.5%無制限
国内銀行無料(5万円未満は手数料10ドル)45ドル+中継銀行の手数料+受取銀行の手数料無制限

後々の出金のことを考えると、クレジットカード入金とSTICPAY入金がおすすめです。

クレジットカードは出金限度額がありますが、手数料が無料で済みます。

国内銀行への出金はダブルで手数料がかかるので、あまりおすすめしません。

  • リフティングチャージ:約2,500円(海外FX業者 → 中継銀行への送金手数料)
  • 国内銀行の受取手数料:約2,500円(中継銀行 → 国内銀行への送金手数料)

これらの出金のことを考えると、入金は以下の方法がおすすめです。

おすすめの入金順位
①:クレジットカード
 (入金できるカードがあれば)
②:STICPAY
 (クレジットが使えない場合)
③:国内銀行
 (入金は無料でも出金手数料が10,000円ほどかかる)

クレジットカードはカードによっては入金できないので、もし入金できなければSTICPAYが良いでしょう。

銀行からの入金は問題ありませんが、出金は銀行では行なわず、STICPAYを使いましょう。

 

ここからは一つ一つ、入金方法を紹介して行きます。

 

クレジットカード入金

クレジットカード手数料入金までの時間最低入金額
VISA・マスター無料1時間以内1万円(100ドル)
クレジットカードのメリット

  • 簡単な手続きで入金出来る
  • 手数料が無料
  • 入金が早い
クレジットカードのデメリット

  • VISAやマスターでもカードによっては入金出来ない

まずクレジットカードからの入金方法を紹介します。

クレジットカード入金の注意点ですが

VISA・マスターカードでも入金出来ないことがある

ということです。

クレジット会社は海外FX業者への出金を規制していることが多いので、いくつか試してみましょう。

ちなみに、私はエポスカード(VISAカード)で入金出来ています。

タイタンFXの入金で使える楽天カードは、ランドFXでは使えませんでした

 

それでは入金方法を紹介します。

 

入金方法ページでクレジットカードを選択

入金方法ページからクレジットカードの「申請」をクリックします。

 

通貨と入金額を入力

金額を入力して「入金」をクリックします。

通貨は「日本円」を選択しましょう。

 

クレジットカード情報を入力

クレジットカード情報を入力します。

「CVV2」とは、裏面の3桁の数字を入力します。

カードが非対応の時は、このページで「エラー」となってしまうので、違うカードを選択しましょう。

 

クレジットカード入金の完了

入金が完了すると、このページとなります。

これでクレジットカードの入金は完了です。

 

STICPAY入金

入金方法手数料入金までの時間最低入金額
STICPAY無料(STICPAYには手数料3.85%【カード】)即時5ドル
STICPAYのメリット

  • VISA・MasterCardで入金出来る
  • クレカ入金のように、カードによって入金出来ないことが無い
  • 他の海外FXへの入金がしやすい
STICPAYのデメリット

  • カード → STICPAYには入金手数料がかかる(3.85%)
  • STICPAYの登録が必要(1回だけ)

STICPAYはカードからSTICPAYへの入金が3.85%(VISA・MasterCard)がかかりますが、とても便利ですので、登録しておくと良いです。

STICPAYと海外FX業者への入出金は無料なので、他のFX業者への入出金にも使えて便利です。

登録も1回だけの手続きで済むので、必ず登録しておきましょう。

 

STICPAYに登録使用

まず、STICPAYへ入金しましょう。

STICPAYをクリックして登録しましょう。

登録方法は省略します

 

STICPAYマイページでクレジットカードを選択

STICPAYにログインしたら、左側の「クレジットカード」をクリックします。

 

入金額を入力する

金額を入力し「Money in」をクリックします。

 

クレジットカード情報を入力

クレジットカード情報を入力して「Deposit」をクリックします。

CVCはカード裏の3桁の数字です

これでSTICPAYへの入金は完了です。

 

入金方法ページでSTICPAYを選択

続いてランドFXに入金しましょう。

入金方法のページからSTICPAYの「申請」をクリックします。

 

通貨・入金額を入力

金額を入力して「入金」をクリックします。

※通貨はJPYにしましょう。

 

STICPAYに自動的に切り替わる

STICPAYの画面に自動的に切り替わりますので、メールアドレス・パスワード・生年月日を入力して「LOGIN」をクリックします。

 

金額を確認してPAY NOW

金額を確認して「PAY NOW」をクリックしましょう。

 

STICPAY入金の完了

入金が完了したらランドFXの画面に切り替わります。

STICPAYの入金方法はこれで完了です。

 

国内銀行入金

入金方法手数料入金までの時間最低入金額
国内銀行無料1~2営業日5万円(500ドル)※5万円未満は手数料10ドル
国内銀行のメリット

  • 5万円以上は手数料無料
  • 手続きが簡単で分かりやすい
国内銀行のデメリット

  • 5万円未満は手数料が10ドルかかる
  • 送金に時間が少しかかる(1~2営業日)
  • 銀行からの振込手数料がかかる

国内銀行の入金は手続きが簡単ですので、手続きが分からない人にはおすすめです。

5万円未満は手数料が10ドルかかります。

銀行の営業時間外や土日などは入金が出来ないので、急ぎの場合はクレジットカードやSTICPAYが良いでしょう。

 

入金方法ページから国内銀行(BankWire)を選択

入金方法のページから「BankWire」を選択します。

 

振込み内容を確認

ランドFXの振込口座情報が出て来ます。

間違いの無いように振込しましょう。

 

振込名義は依頼人名+口座番号

三菱UFJ銀行のスクリーンショットですが、赤色の囲いの部分から「振込依頼人名の変更」が出来ます。

振込依頼人名:「Taro Kaigai + 123456」(ローマ字・MT4番号)

例:Jiro Yamada 139715

入金が完了したらランドFXから連絡が来ます。

これで国内銀行入金は完了です。

 

まとめ

入金方法手数料入金までの時間最低入金額
クレジットカード無料1時間以内1万円(100ドル)
STICPAY無料即時5ドル
国内銀行無料1~2営業日5万円(500ドル)※5万円未満は手数料10ドル

3つの入金方法を紹介して来ました。

それぞれメリット・デメリットがありますが、こんな順番で進めて行くと良いです。

①:クレジットカード(入金出来るカードがあれば)
②:STICPAY(どのクレジットカードでも入金出来ない人)
③:国内銀行(5万円以上入金する人・入金するまで待てる人)

急いで入金したい人はクレジットカードかSTICPAYで入金しましょう。

手数料無しで進めたい人は、クレジットカードか国内銀行(5万円以上)から入金しましょう。

STICPAYは手数料がかかりますが、3.85%で割安なので、STICPAYも使ってみましょう。

ランドFXの登録はコチラ

 

関連記事

ランドFX(LAND-FX)のメリット・デメリットを比較検証
LAND-FX(ランドFX)のメリット・デメリットを紹介して行きます。 ランドFXの入金100%ボーナス(50万円)・レバレッジ・ロスカット率・スプレッド・スキャルピング情報・追証・ゼロカット・入金・出金・DDなど、情報を盛りだくさんに紹介します。
ランドFXの口座開設方法を図解で紹介します
ランドFXの口座開設方法についてスクリーンショット付き手順で紹介して行きます。 おすすめの口座タイプ・取引プラットフォーム・本人確認書類・住所確認書類など、分かりにくい所も映像付きで説明します。
ランドFXの出金方法 - 3つの出金方法を図解で紹介します
XMの出金方法についてスクリーンショット付きで紹介して行きます。 クレジットカード・マイビットウォレット・STICPAY・海外銀行送金の3種類の手続き方法です。 手数料・反映時間・最低出金額・出金限度額についても分かりやすく説明して行きます。
ランドFXの評判・口コミ - ランドFXを使った感想を〇〇人に聞いてみた
ランドFXの評判・口コミ・評価・使ってみた感想をクラウドソーシングで募集しました。 ランドFXの良い評判・悪い評判(悪評)を含めて掲載しています。

コメント

error:Content is protected !!