ランドFX(LAND-FX)のメリット・デメリットを比較検証

海外FX教授
海外FX教授

ここではLAND-FX(ランドFX)について紹介して行くよ。

ランドFXは高約定・豪華なボーナス・高い信用度・豊富な通貨ペアのおすすめ海外FX業者だよ。

ランドFXは全体的に非常に高評価の海外FX業者です。

スプレッドが非常に狭いにも関わらず、ボーナス特典も付いています。

また、信用性の高いライセンスを保有し、補償までついています。

ここではランドFXの特徴(強み・弱み)を紹介して行きます。

ランドFXの登録はコチラ

ランドFXの評判記事はコチラを参考にしてください。

ランドFXの評判・口コミ - ランドFXを使った感想を〇〇人に聞いてみた
ランドFXの評判・口コミ・評価・使ってみた感想をクラウドソーシングで募集しました。 ランドFXの良い評判・悪い評判(悪評)を含めて掲載しています。

 

登録するだけで3,000円のボーナスゲット

ランドFXの基本情報

ランドFXLIVE口座・LP口座ECN口座
レバレッジ500倍200倍
ロスカット30%30%
1Lot単位10万通貨10万通貨
取引可能単位0.01Lot0.1Lot
ゼロカットゼロカットシステム対応、追証なし
日本語対応〇(完全日本語対応)
入金手数料無料(5万円未満の銀行入金は手数料10ドル)
最低入金額1万円(STICPAY5ドル)20万円
入金スピードクレジットカード → 即時・国内銀行送金 → 着金後、即時~30分
出金手数料無料(銀行:45ドル+中継銀行の手数料+受取銀行の手数料)
取引手数料無料1往復7ドル
取扱い通貨FX67種類・株式指数15種類・貴金属4種類・エネルギー3種類
取引ツールMT4MT4
両建て同一口座〇・複数口座×・異業者間×
平均スプレッドドル円0.80pips・ユーロドル0.80pips・ユーロ円1.50pipsドル円0.30pips・ユーロドル0.30pips・ユーロ円0.80pips
ボーナス①入金の10%のボーナス(30万円まで)※LIVE口座ボーナス無し
ボーナス②ロスカット時、初回入金額の5%をキャッシュバック※LIVE口座ボーナス無し
ボーナス③入金の100%のボーナス(50万円まで)※LPボーナス口座ボーナス無し

ランドFXはLIVE口座・LPボーナス口座がおすすめです。

LPボーナス口座は50万円まで100%上乗せしてくれます。

ロスカット時のキャッシュバック補填はLIVE口座がおすすめです。

ねこ
ねこ

ランドFXは手数料も業界最安値でボーナスもあるサービス満点の海外FX業者だよ。

ボーナスだけでなく、ロスカットになった時も、初回入金額の5%までキャッシュバックしてくれるよ(LIVE口座)

 

こんな人はランドFXがおすすめ

  • スプレッドが狭い(手数料が安い)
  • ボーナス特典が欲しい人
  • 安全性の高い業者で取引したい人
  • 倒産リスクに対応した業者が良い人
  • ロスカットになった場合のキャッシュバックが欲しい人

 

ランドFXのボーナスは2パターン

ランドFXはLIVE講座2種類・LPボーナス口座1種類のボーナスがあります。

 

入金100%ボーナス(LPボーナス口座)

入金額ボーナス金額
1万円~50万円100%のボーナス

LPボーナス口座に入金をすると、最大で5万円までの100%入金ボーナスがもらえます。

LIVE口座のような「取引〇回」という条件もなく、入金後30分以内にボーナス加算されます。

ボーナス金額は出金は出来ませんが、入金後、まずはボーナス金額のみで取引してみましょう。

ボーナス金額で得られた金額は出金することが出来ます。

LPボーナス口座は、LIVE口座のリカバリーボーナスはありまんせん

 

入金10%ボーナス(LIVE口座)

入金額ボーナス金額条件
$300(約30,000円)10%のボーナス($30)6回取引
$500(約50,000円)10%のボーナス($50)10回取引
$1,000(約100,000円)10%のボーナス($100)20回取引
$2,500(約250,000円)10%のボーナス($250)50回取引
最大$30,000(約3,000,000円)10%のボーナス($,3000)600回取引

LIVE口座のみ(ECN口座はボーナス無し)

ランドFXでは入金額に応じてボーナスが付与されます。

入金額は3万円からが条件となり、最低6回の取引が必要です。(金額によって取引回数が増えます)

最大300万円の入金で30万円のボーナス(600回の取引が必要)となります。

10%入金ボーナスは取引条件を満たすと出金することが出来ます

 

リカバリーボーナス(キャッシュバック)

1回だけですが、ロスカットになった時、初回入金額の5%をキャッシュバックしてくれます。

(残高が3,000円以下の場合に支給されます。)

ランドFXは初回入金額が重要になってくるので、初回は出来るだけ大きく入金するのをおすすめします。

 

ランドFXボーナスの注意点

ランドFXのボーナスの注意点です。

 

出金するとボーナスが全て消滅する

ランドFXの入金で得られたボーナスは、出金すると全てのボーナスが消滅してしまいます。

5万円入金で得た5万円のボーナス

1万円出金 → ボーナスが全て無くなる

ボーナスがある内は、出金は出来るだけしないようにしましょう。

 

ボーナスの有効期限

ランドFXでのボーナス自体には有効期限はありませんが、これらの状態にはボーナスが消滅してしまいます。

  • 出金した場合
  • 別口座に資金移動を行なった場合
  • 取引でマイナス残高になってしまった場合(ボーナスでマイナスが補填される)

 

LPボーナス口座のボーナスは出金出来ないが、LIVE口座のボーナスは出金可能

ランドFXのLPボーナス口座のボーナスは出金ができず、利益分のみの出金となります。

(ボーナスは証拠金として使え、マイナス残高の補填にも使われます)

しかし、LIVE口座の10%ボーナスは条件を満たすと出金することができ、かなり太っ腹なボーナスです。

 

ボーナスを利用した両建て(複数口座・異業者間)は禁止

ランドFXのボーナスを利用した両建て(複数口座・異業者間)は禁止されています。

同一口座内の両建てはOKですので、取引中のリスク分散に使いましょう。

 

ボーナスは複数口座でもらえる(LPボーナス口座・LIVE口座それぞれボーナスがもらえる)

ランドFXのボーナスは口座ごとに特典が違うので、口座ごとにボーナスを受け取ることが出来ます。

LPボーナス口座・LIVE口座それぞれで口座を開設すると良いでしょう。

 

資金移動でボーナスが消滅する

ランドFXでは資金移動でボーナスが消滅してしまいます。

ECN口座などに資金を移動する時は、ボーナスが無くなってしまうので、注意しておきましょう。

 

スプレッドは非常に狭い

ランドFXのスプレッドは非常に狭く、業界でもかなりの狭さです。

ここではXMの手数料と比べて行きます。

ランドFXの平均スプレッド比較(XMとの比較)

スプレッド平均XMランドFX
米ドル/円2.0銭0.8銭
ユーロ/円2.7銭1.5銭
ポンド/円4.0銭1.8銭
豪ドル/円4.7銭1.6銭
ユーロ/米ドル1.8pips0.8pips
ポンド/米ドル2.6pips1.2pips
豪ドル/米ドル2.2pips0.9pips

ランドFXはスプレッドも狭いので、「ボーナスも欲しいけど、スプレッド手数料も安くしたい」という人におすすめです。

 

ランドFXは完全日本語対応

ランドFXは日本語に対応しているので、英語が出来ない人でも安心して取引が出来ます。

ランドFXは日本サポートに対して積極的で、日本人スタッフも常駐してチャットやメール、電話にも対応してくれます。

 

入金方法は3種類で1万円から

入金方法手数料入金までの時間最低入金額
クレジットカード無料1時間以内1万円(100ドル)
STICPAY無料(STICPAYへの手数料3.85%【カード】)即時5ドル
国内銀行無料1~2営業日5万円(500ドル)※5万円未満は手数料10ドル
WebMoney(非推奨)無料1時間以内1万円(100ドル)
PerfectMoney(非推奨)無料1時間以内1万円(100ドル)

ランドFXは1万円から入金(ECN口座は20万円から)でき、入金はクレジットカードがおすすめです。

VISA・Masterの場合はランドFXが手数料を負担してくれるので良いですが、他のカードの場合は他の資金移動サービス(STICPAY)を経由する必要があります。

クレジットカードは入金は即時行われますが、銀行振込の場合は30分~1時間ほどかかります。(営業時間内の場合)

STICPAYは海外の送金サービスですが、日本円に対応しています。 5ドルから入金可能です。

ランドFXの入金方法 - 3つの入金方法を図解で紹介します
ランドFXの入金方法についてスクリーンショット付きで紹介して行きます。 クレジットカード・STICPAY・国内銀行入金の3種類の手続き方法です。 手数料・反映時間・最低入金額についても分かりやすく説明して行きます。

 

出金方法は3種類でクレカとSTICPAYがおすすめ

アキシオリーの出金方法は3種類でクレジットカードかSTICPAYがおすすめです。

クレジットカードは拒否されることが多いですが、STICPAYは入出金は確実で手数料が安いです。

しかも、他のFX業者への入出金も簡単なため、今、一番おすすめ出来る方法です。

ランドFXの出金方法 - 3つの出金方法を図解で紹介します
XMの出金方法についてスクリーンショット付きで紹介して行きます。 クレジットカード・マイビットウォレット・STICPAY・海外銀行送金の3種類の手続き方法です。 手数料・反映時間・最低出金額・出金限度額についても分かりやすく説明して行きます。

 

最難関のFCAライセンスを取得・5万ユーロまで補償(信託保全)

FX業者日本向けライセンスその他の取得ライセンス
ランドFXイギリス(FCA)ニュージーランド(FSP)

ランドFXは審査が最も厳しいと言われるイギリスのFCAライセンスを取得しています。

FCAは「英国金融サービス補償機構(FSCS)」に加入しているため、ランドFXが倒産しても5万ユーロ(約650万円)まで補償されています。

 

元々はニュージーランドのFSPライセンスのみでした。

ニュージーランドのライセンスは審査が緩く、信用性はあまり高くありませんでしたが、2016年に最も厳しいイギリスのFCAライセンスを取得し、信用性を高めることに成功しました。

 

レバレッジが500倍でロスカット20%

LIVE口座・LP口座ECN口座
レバレッジ500倍200倍
ロスカット30%30%

ランドFXは最大500倍のレバレッジをかけて取引を行なうことが出来ます。(ECN口座は200倍)

日本では最大25倍までしかレバレッジがかけられませんが、それ以上のレバレッジをかけることが出来るのは海外FXの強みです。

ロスカットは30%で設定されていますが、ロスカットが間に合わなかった場合でもゼロカットなので安心です。

 

証拠金1万円で500万円分の取引ができる

証拠金額レバレッジ取引可能額購入できるロット数
1万円500倍
(LPボーナス・LIVE)
500万円分0.45ロット(4.5万通貨)
(1ドル110円の場合)
1万円200倍
(ECN口座)
200万円分0.18ロット(1.8万通貨)
(1ドル110円の場合)

証拠金1万円で0.45ロットの取引ができます(1ドル110円の場合)。

ランドFXは0.01ロットから取引が出来るので、最低220円ほどで取引を開始することが出来ます。

 

ドル円1ロットに必要な証拠金

通貨・金額レバレッジ必要証拠金ロスカット証拠金
ドル円=110円500倍
(LPボーナス・LIVE)
22,000円6,600円
ドル円=110円200倍
(ECN口座)
55,000円16,500円

1ロット(10万通貨)に必要な金額は500倍のLPボーナス口座・LIVE口座で22,000円です。

ECN口座では1ロット55,000円で取引が出来ます。

 

追証なしのゼロカット

海外FXではほとんど全ての業者が「追証無しのゼロカットシステム」を採用しています。

国内FXのように追証になれば、利益どころか借金となってしまいますが、海外ではFX業者が損失をカバーしてくれます。

海外FXのメリットの一つでもあります。

 

ランドFX ゼロカットのタイミング

【ランドFXのゼロカットに対しての回答】

・ゼロカットになるタイミング

LPボーナス口座は、基本的に付与されたボーナスで自動的にマイナスリカバリーが行われております。

スタンダード口座もしくはLPボーナス口座でも付与されたボーナスが足りない場合は、自動リカバリーが起こりませんので残高がマイナスになった際にメールで該当口座番号とマイナス金額をお知らせいただきリカバリー申請を行ってください。

口座がマイナスの状態で追加入金をされますと、マイナス分がご入金金額より相殺されますので必ず追加入金前にご連絡頂きますようお願いいたします。

・ゼロカットになった時、同じ口座で別通貨のポジションを持っている場合

マイナスリカバリー申請(ゼロカット)はポジションを清算した後にマイナスが確定した時点でご連絡いただいております。

・ゼロカットになった時、別口座でポジションを持っている場合

マイナスリカバリーは一つの口座に対して行われるものですので同一名義での別口座に関しては関係なくお取引をしていただけます。

タイミングマイナス残高になった時にメールでリカバリー申請をする
同一口座決済しないとゼロカット対応してもらえない
別口座別口座に影響なし

ランドFXのゼロカットは自動的に行われないので、リカバリー申請を行なう必要があります。

同一口座の別ポジションは決済しないとゼロカットしてもらえませんが、別口座のポジションには影響はありません。

追証なしのゼロカット制度とは? 海外FXのゼロカットを図解で比較
海外FXの追証なし・ゼロカットシステムについて紹介します。 マイナス残高を追証なくゼロに戻してくれる仕組みは海外FX特有です。 各業者のゼロカット導入一覧・ゼロカットのタイミング・ボーナスはどうなるか・回数制限・条件・デメリット・設定について紹介します。

 

取引通貨は豊富で日本円は7通貨が対応

取扱い商品通貨数備考
FX67種類JPY対応7通貨(AUD・CAD・CHF・EUR・GBP・NZD・USD)
株式指数15種類日経‏(JP225)など
貴金属4種類金・銀など
エネルギー3種類原油など

取扱い通貨数はFXで67種類で非常に豊富です。

円建ては7種類しかないので、日本で人気のランドやリラは円建てが無いのでドル建てで行ないましょう。

 

0.035秒の驚異の約定力(リクオート・約定拒否・スリッページ無し)

ランドFXは驚異の約定力で、0.035秒で約定します。(公式HPより)

0.035秒というと、「クリックした瞬間、約定が確定する」ほどの早さです。

DD業者ならではのメリットでもありますが、注文がサクサク決まるので、ストレス無く取引が出来ます。

 

世界中に提携データセンターがある(エクイニクス社だけじゃない)

ランドFXは世界中のデータセンターと契約していて、Equinix、Amazon、RousTech、PrimeXMなどの有名データセンターと提携しています。

ランドFXは他の海外FX業者と比べても、約定がストレス無く進み、滑ることもほとんどありません。

メインサーバーは東京にある

ランドFXのデータセンターは現在、東京にメインサーバーを設置しています。

0.0035秒以内の高約定を言っているだけあり、約定スピードは速いです。

 

ランドFXはスキャルピング禁止

スキャルピングは超高速取引のことで、デイトレードよりも頻繁に(数秒に1回・数十秒に1回)取引をします。

「海外FX = スキャルピング」と言われるほど、おすすめの取引方法で、資産を一気に増やすことが出来ます。

ランドFXはDD方式のためスキャルピングは禁止されています。

禁止の理由は下で紹介しますが、無効処理・出金拒否になる可能性があるので、注意しましょう。

 

DD方式なので不透明さが残る(ストップ狩り・不利なスリッページ・レート変更)

ランドFXは図のように、顧客とLP(リクイディティプロバイダー)との間にランドFXのブローカーが仲介します。

 

DD方式

DD方式(日本のFX業者)は顧客(トレーダー)の注文をインターバンクに通さず、FX業者で雇っている凄腕トレーダーの注文のみをインターバンクに通しています。

DD方式のメリット

  • 取引手数料が安い・低スプレッド
DD方式のデメリット

  • 禁止事項が多い
  • 顧客とのトラブルが多い
  • 不正行為が多い(出金拒否・口座凍結・ストップ狩り・不利なスリッページ・故意のレート変更など)
  • スキャルピングNG・自動売買NG・両建てNG

特に「ボーナスを使ったトラブル」が多いので、ランドFXで不正行為をしないように注意しましょう。

 

ランドFXのトラブル(利益の帳消し・出金拒否・口座凍結)

ランドFXではいろいろなトラブルがあるようで、いろんなサイトや書き込みを見ていると、利益の帳消し・出金拒否などが非常に多いようです。

その中には、不正行為を行なっている人も多いと思いますが、ランドFXが不正行為と見なしたら、不正行為扱いになってしまいます。

不正行為への明確な基準(〇秒以内に〇回のスキャルピング取引)を設けてくれればいいのですが、ランドFXのさじ加減で判断されてしまいます。

ランドFXで取引をする時は不正行為や怪しい行為をしないように注意するようにしましょう。

 

ランドFXの両建ては同一口座内のみOK

弊社で認めている両建ては同一口座での両建てのみでございます。

弊社では両建て取引(同一口座内の両建ては可能)、
接続遅延・レートエラーを利用した取引、
裁定取引(Arbitrage)、ボーナスを悪用する取引を行った場合には
その取引を無効処理させていただくことがあります。
禁止取引と判断された場合には該当取引の利益は無効となりますが、
元金は手続き後に出金可能です。

ランドFXの両建て(ボーナスも同じ)
同一口座の両建て
複数口座の両建て×(禁止)
異業者間の両建て×(禁止)

ランドFXでは複数口座や異業者間の両建ては禁止されていて、不正行為を行うと取引の無効処理が行なわれるようです。

またボーナスの悪用も禁止されています。

 

ランドFXの安全性

海外のFX業者口コミサイトFPA(Forex Peace Army)を見ると、ランドFXの評価は2.989点で健全なFX業者だと言えます。

詐欺業者だとFPAで「詐欺」と表示されるので、ランドFXは問題ないでしょう。

ランドFX
ライセンスイギリス(FCA)【日本向け】・ニュージーランド(FSP)
信託保全FCA CASS(最大5万ユーロ)
設立2013年
FPAの点数2.989点
NDD・DDDD
ゼロカットゼロカット・追証無し
日本円・日本語・日本人スタッフ全て対応済み

ランドFXは最高峰のライセンス、イギリス(FCA)を取得し、信託保全も650万円ほどの補償も付いていますが、DD業者というのが一番の心配点です。

入金ボーナス50万円が付いていますが、「不正行為」と見なされないように、怪しい取引はやめておきましょう。

 

ランドFXの取引プラットフォーム(スマホ・アプリ)MT4

MT4
Windows
Mac
WebTrader×
iPhone
iPad
Android
Androidタブレット

ランドFXの取引プラットフォームはMT4がそろっていますが、WebTraderはありませんでした。

Macにも対応し、スマホ版はMetaTraderアプリを使うことが出来ます。

Zuluトレードは日本居住者は使うことが出来ません。

 

口座タイプはLPボーナス口座がおすすめ

ランドFXLIVE口座・LP口座ECN口座
レバレッジ500倍200倍
取引可能単位0.01Lot0.1Lot
最低入金額1万円20万円
取引手数料無料1往復7ドル
平均スプレッドドル円0.80pips・ユーロドル0.80pips・ユーロ円1.50pipsドル円0.30pips・ユーロドル0.30pips・ユーロ円0.80pips
ボーナス①入金の10%のボーナス(30万円まで)※LIVE口座ボーナス無し
ボーナス②ロスカット時、初回入金額の5%をキャッシュバック※LIVE口座ボーナス無し
ボーナス③入金の100%のボーナス(50万円まで)※LPボーナス口座ボーナス無し

ランドFXで口座を作るなら入金100%ボーナスのあるLPボーナス口座がおすすめです。

LIVE口座は出金できる10%ボーナスがあるので、出金したい人はLIVE口座でも良いでしょう。

 

頻繁な取引・低スプレッドはECN口座

ランドFXで頻繁に取引をしたい人・低スプレッド取引をしたい人はECN口座がおすすめです。

ただ、ランドFXはスキャルピング取引を禁止しているため、スキャルピングは他の業者を選んだ方が良いです。

ランドFXの口座開設方法を図解で紹介します
ランドFXの口座開設方法についてスクリーンショット付き手順で紹介して行きます。 おすすめの口座タイプ・取引プラットフォーム・本人確認書類・住所確認書類など、分かりにくい所も映像付きで説明します。

 

ランドFXの評判・口コミ・評価をクラウドソーシングで募集しました

ランドFXを使ってみた感想をクラウドソーシングサイトを使って募集してみました。

良い評価・悪い評価含めて掲載しています。

ぜひ登録の参考にしてください。

ランドFXの評判・口コミ - ランドFXを使った感想を〇〇人に聞いてみた
ランドFXの評判・口コミ・評価・使ってみた感想をクラウドソーシングで募集しました。 ランドFXの良い評判・悪い評判(悪評)を含めて掲載しています。
いぬ
いぬ

ランドFXはDD業者の中でも非常に健全で、クオリティーの高い海外FX業者だよ。

うさぎ
うさぎ

ランドFXはスプレッドが非常に狭いにも関わらず、ボーナス特典も付いてるよ。

補償や安全性もバッチリで、全体的に非常に評価の高い業者だね。

 

ランドFXでよくある質問

ランドFXでよくある質問・注意点を紹介して行きます。

 

ランドFXはどの口座を開設するのが良いですか?

一番おすすめはLPボーナス口座です。

最大50万円のボーナスがもらえるので、出来るだけ多くの資金を入れると良いでしょう。

LIVE口座はリカバリーボーナスが付いているので、万が一の資金が尽きた時に使えるのでおすすめです。

 

MT4以外の取引ツールはありませんか?

MT4以外はランドFXオリジナルの「マルチターミナル」という複数口座を同時に取引出来るツールがあります。

※Zuluトレードは日本居住者は使えません

 

ランドFXは「禁止事項が多い」と聞きました。
どんなことが禁止されていますか?

ランドFXでは以下のような不正な取引を禁止しています。

  • 経済指標発表時のスキャルピング禁止
  • システム(EA)を使ったスキャルピング禁止
  • 高頻度の注文・取引禁止
  • ボーナスの悪用(他口座・他業者間での両建て取引)
  • アービトラージ(裁定)取引
  • 接続遅延・レートエラーを利用したトレード

普通に取引をしていれば問題無いので、不正な取引は止めておきましょう。

 

ランドFXプリペイドカードのメリットは何ですか?

ランドFXプリペイドカードは正直メリットはほとんどありません。

3万円以下であれば、銀行送金よりも安く出金出来る(手数料12%ほど)

手数料はかなりかかり、カード発行までの費用や手間を考えると、クレジットカードの方が圧倒的に便利です。

 

ランドFXは安心して入金できますか?

ランドFXでの入金トラブルはありませんので、問題なく入金できます。

国内銀行は三井住友銀行に対応しています。(5万円未満は手数料1,000円)

その他の銀行の場合は、クレジットカード(VISA・MasterCard)から入金すると良いです。

 

ランドFXは安心して出金できますか?

ランドFXはDD業者で、禁止事項がたくさんあります。

禁止事項に該当すると、利益の取り消し・出金拒否があるので注意が必要です。

  • 経済指標発表時のスキャルピング禁止
  • システム(EA)を使ったスキャルピング禁止
  • 高頻度の注文・取引禁止
  • ボーナスの悪用(他口座・他業者間での両建て取引)
  • アービトラージ(裁定)取引
  • 接続遅延・レートエラーを利用したトレード

これらに当てはまるとランドFX側が判断すれば、利益の取り消し・出金拒否があるので注意しましょう。

スキャルピングなどの高頻度の取引をしたい人や両建て取引をしたい人はランドFXは止めておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

ランドFXの強み
ボーナス特典あり100%(50万円まで ※LP)・10%(30万円まで ※LIVE)・5%のリカバリー(※LIVE)
スプレッドが狭いECN口座(LIVE口座・LPボーナス口座も比較的狭い)
約定力が高い注文がサクサク決まる
ハイレバレッジ500倍(ロスカット30%のゼロカット追証無し)※LIVE・LP
日本語対応〇(完全日本語対応)
入金方法が豊富国内銀行(三井住友)・クレジットはVISA・Master
安全性が高いFCAライセンス・5万ポンドの補償

 

ランドFXの弱み
出金手数料がかかるクレカは無料(国内銀行へは45$)
ECN口座の最低入金額が高い20万円から入金可能
DD業者の不透明さが残る禁止事項に該当すると出金拒否などがある

ランドFXはスプレッドが非常に狭く、ボーナス特典も付いてる海外FX業者です。

補償や安全性もバッチリで、全体的に非常に評価の高い業者ですが、出金手数料がかかったり、入金額が高めというデメリットもあります。

禁止事項に該当すると「出金拒否」などがあるので、スキャルピングや両建ては止めておきましょう。

それ以外は全体的に高評価なので、ぜひランドFXに登録しましょう。

ランドFXの登録はコチラ

 

関連記事

ランドFXの口座開設方法を図解で紹介します
ランドFXの口座開設方法についてスクリーンショット付き手順で紹介して行きます。 おすすめの口座タイプ・取引プラットフォーム・本人確認書類・住所確認書類など、分かりにくい所も映像付きで説明します。
ランドFXの入金方法 - 3つの入金方法を図解で紹介します
ランドFXの入金方法についてスクリーンショット付きで紹介して行きます。 クレジットカード・STICPAY・国内銀行入金の3種類の手続き方法です。 手数料・反映時間・最低入金額についても分かりやすく説明して行きます。
ランドFXの出金方法 - 3つの出金方法を図解で紹介します
XMの出金方法についてスクリーンショット付きで紹介して行きます。 クレジットカード・マイビットウォレット・STICPAY・海外銀行送金の3種類の手続き方法です。 手数料・反映時間・最低出金額・出金限度額についても分かりやすく説明して行きます。
ランドFXの評判・口コミ - ランドFXを使った感想を〇〇人に聞いてみた
ランドFXの評判・口コミ・評価・使ってみた感想をクラウドソーシングで募集しました。 ランドFXの良い評判・悪い評判(悪評)を含めて掲載しています。

コメント